Press Release

2018年5月30日
株式会社ヒトカラメディア

居抜きオフィス移転をマッチング・サポートする会員サイト
「スイッチオフィス」大幅にリニューアル!

〜居抜き物件に限らず、企業の成長につながる幅広い物件やコラムを掲載〜

株式会社ヒトカラメディア(本社:東京都渋谷区、代表取締役:高井 淳一郎、以下:ヒトカラメディア)は、居抜きオフィス移転をマッチング・サポートする会員限定サイト「スイッチオフィス」のリニューアルを実施しました。企業のより良いオフィス移転のきっかけづくりを加速すべく、居抜き物件も含めた「企業の成長」につながるオフィス物件紹介サイトとして、新たに運営を開始します。

■スイッチオフィス URL:https://switchoffice.jp/

switchoffice-renewal2018-1
switchoffice-renewal2018-2

【リニューアルの背景】

2016年2月のサイトオープン以来、スイッチオフィスは様々な企業の移転に携わってきました。オフィス移転の選択肢として「居抜き」という言葉も広く知られるようになり、居抜きオフィス移転に対するニーズはますます高まっています。一方で、実際に様々な企業の移転を支援する中で、居抜きオフィス物件に移転先が決まるケースもあれば、内装や会議室付き、デザイナーズや一棟、または普通のオフィス区画に決まるケースも少なくありませんでした。

居抜きでの移転には内装構築費を削減できるなど大きなメリットがありますが、市場に出回る居抜き物件の件数はまだまだ多くはありません。そのため、移転の時期や希望する広さと照らし合わせると、最終的に折り合いがつかないケースが多いのが現状です。企業がより良いオフィス移転を実現するためには、居抜きオフィス物件をひとつの選択肢とし捉えつつ、居抜き以外の物件も含めて検討すべきだと考えています。

そこで今回のリニューアルを機に、スイッチオフィスで紹介するオフィス物件を居抜き物件以外にも広げ、内装造作付き・デザイナーズ・一棟・条件面で魅力のある物件も紹介していきます。いままで以上に様々なニーズに応える物件を取り揃え、より良い移転を増やすきっかけづくりを進めていきます。

【リニューアルの主な変更点】

1.居抜き以外の物件も紹介、幅広い選択肢を提供

従来通りの居抜きオフィス物件はもちろん、内装造作付き、デザイナーズ、一棟、おトク物件など、成長企業にとって有力な選択肢となり得るオフィス物件を紹介していきます。

 

2.会員制を撤廃、居抜きの情報も含めよりオープンに

いままで会員限定だった物件紹介記事コンテンツをオープン化。より多くの方にご覧いただけるサイトに変わります。

 

3.オフィス移転に関するノウハウをコラムで提供

たとえば居抜きでのオフィス移転ひとつとっても、様々なメリット・デメリット、注意点があります。そういった、移転担当者が普段なかなか知る機会のない知識やノウハウ、観点を発信していきます。

【スイッチオフィスについて】

スイッチオフィスは2016年2月、当時まだ認知度の低かった「居抜きでのオフィス移転」をマッチング・サポートする会員限定サイトとしてオープンしました。オープン以来、数多くの企業のオフィス移転を支援しています。

■ヒトカラメディアについて

ヒトカラメディアは『「都市」と「地方」の「働く」と「暮らす」をもっとオモシロくする』、『「働く場」と「働き方」からいきいきとした組織と個人を増やす』をミッション/ビジョンに掲げ、スタートアップ・ベンチャー向けのオフィス移転サポートを行う会社です。経営戦略を考慮した移転プランの提案、働き方を軸にした空間のプロデュース、ビルオーナー様の支援を行います。東京以外にも、軽井沢や徳島県にもサテライトオフィスを展開し、多様な働き方の模索と実践を行っています。

【会社概要】
商号  : 株式会社ヒトカラメディア HITOKARA MEDIA INC.
代表者 : 代表取締役 高井 淳一郎
所在地 : 〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町2-9 第1カスヤビル 5F
設立  : 2013年5月15日
事業内容:オフィス移転サポート事業、空間プランニング、ビルオーナー支援
資本金 : 3,000,000円
URL   : http://hitokara.co.jp