Press Release

2016年2月9日
株式会社ヒトカラメディア

“居抜き”でオフィス移転のマッチング&サポート!

入退去時の費用削減を提案するサイト「スイッチオフィス」サービス開始

~オフィス移転を支援する「ヒトカラメディア」が入居・退去のコストで悩む企業をサポート!~

株式会社ヒトカラメディア(本社:東京都渋谷区、代表取締役:高井 淳一郎、以下:ヒトカラメディア)は、オフィス入退去時の原状回復費や内装構築費を大幅に削減できる「居抜き」でのオフィス移転サポートを強化するべく、オフィスの「入居者」「退去者」に対して、居抜きオフィス移転をマッチング・サポートする会員限定サイト「スイッチオフィス」を公開しました。

 

■スイッチオフィス URL:http://switchoffice.jp/

 

【居抜きでのオフィス移転について】

オフィスを退去する際、一般的に「原状回復費」が発生します。しかし、次の入居者にオフィスの内装をそのままの状態で引き継ぐ(“居抜き”)ことで、退去者側は原状回復費を、入居者側は新たなオフィスの内装構築費を大幅に削減することが可能となります。

 

【「スイッチオフィス」開発の背景】

“居抜き”でのオフィス移転は入居側の企業、退去側の企業どちらにとっても費用面で非常にニーズの高い移転手法ではありますが、まだまだ一般的とは言えないのが現状です。

 

(1)“居抜き”物件の情報の少なさ

そもそも市場に出回る“居抜き”可能なオフィス物件の情報が少なく、入居者側が求める条件や入居時期のタイミングにぴったりと合致する物件がなかなか見つからないことが挙げられます。

 

(2)居抜きでの移転事例の少なさ

居抜き可能なオフィス物件の情報が少ないこと、また退去者・入居者・オーナー側での三者を取り持つ調整が必要なことから、まだまだ居抜きでの移転の事例は少なく、オフィス業界自体に馴染みが少ないことが挙げられます。

このような課題を解決すべく、「スイッチオフィス」は、オフィスの“居抜き”に対する認知度を上げ、企業の“居抜き”に関する情報発信・情報取得を支援するプラットホームを目指します。