Press Release

2018年2月23日
株式会社ヒトカラメディア

ヒトカラメディア参加協力の「デュアルスクール」2017年先進政策大賞を受賞

~地方創生や働き方改革など幅広い効果を期待~

株式会社ヒトカラメディア(本社:東京都渋谷区、代表取締役:高井 淳一郎、以下 ヒトカラメディア)が日本初の事例として参加協力をしている徳島県の『デュアルスクール』が第10回先進政策創造会議(主催:全国知事会)において、約3,600の政策の中から選定された29の優秀政策のうち、1点のみに与えられる最高賞「先進政策大賞」を受賞しました。

<知事会 2017年優秀政策 事例集>
http://www.nga.gr.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/2/2017_dai10kai_souzou_kaigi_yuushuu_seisaku_jirei_shuu.pdf

■デュアルスクールとは

本来必要な転校手続を簡素化し、地方と都市の二つの公立学校を行き来しながら、双方で教育を受けることができる制度です。子どもが多様な価値観を身につけることができる「新しい学校のかたち」です。従来、本社や通常勤務地とは別の場所に設置されたサテライトオフィスで働く親は、出張や単身赴任という形で勤務をするか、家族と一緒に完全移住をするかの二択でしたが、デュアルスクールを使うことで、地方勤務中も移住や転校をせずに家族で過ごせるようになりました。デュアルスクールは、子どもの教育上の課題を解消し、親の働き方改革の可能性を広げるとともに、二地域居住や地方移住を促進する「教育による地方創生」を目指す制度です。

■ヒトカラメディアがデュアルスクールに取り組む意義
ヒトカラメディアは、『「都市」と「地方」の「働く」と「暮らす」をもっとオモシロくする』というミッションのもと、都市部のみならず、地方で働く可能性を探求している会社です。そのため、自社で徳島県美波町と軽井沢にサテライトオフィスを設け、都市部の企業が地方でサテライトオフィスを構えることで叶えることができる「新しい働き方・暮らし方」の実践を行なっています。その一環として、2016年度からデュアルスクールに参加協力をしています。

■デュアルスクールに参加している杉浦親子のデュアル生活

<デュアルスクール派遣講師による学習支援>

dyuaruschool1

<子供神輿を担ぎ地方の文化を体験>

dyuaruschool3

<学校周辺を散策しながら身近にいる生き物を観察>

dyuaruschool2

<サテライトオフィスで子供を身近に感じながらワーキング>

dyuaruschool4

■先進政策大賞について
都道府県が取り組む多くの先進的政策を集積し、より活発な地方行政の進展を促すことを目的とした全国知事会が、1年に1回、もっとも優れている政策として「先進政策大賞」を選定しています。

先進政策大賞について
http://www.nga.gr.jp/bank/kaigi/index.html

■ヒトカラメディアについて
ヒトカラメディアは『「都市」と「地方」の「働く」と「暮らす」をもっとオモシロくする』、『「働く場」と「働き方」からいきいきとした組織と個人を増やす』をミッション/ビジョンに掲げ、スタートアップ・ベンチャー向けのオフィス移転サポートを行う会社です。経営戦略を考慮した移転プランの提案、働き方を軸にした空間のプロデュース、ビルオーナー様の支援を行います。東京以外にも、軽井沢や徳島県にもサテライトオフィスを展開し、多様な働き方の模索と実践を行っています。

【会社概要】
商号  : 株式会社ヒトカラメディア HITOKARA MEDIA INC.
代表者 : 代表取締役 高井 淳一郎
所在地 : 〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町2-9 第1カスヤビル 5F
設立  : 2013年5月15日
事業内容:オフィス移転サポート事業、空間プランニング、ビルオーナー支援
資本金 : 3,000,000円
URL   : http://hitokara.co.jp