リノベーション、リフォーム、コンバージョンって何が違うの?

987eca87017b5f2fa265f89558d4724a_m

不動産情報誌やウェブサイトなどで住宅の記事やコンテンツを見た時に「リノベーション」や「リフォーム」、「コンバージョン」という言葉を見たことはありませんでしょうか?
一見同じような言葉ですが、調べてみる意味や目的が違うことがわかりましたのでご紹介したいと思います。

 

リフォームは修復、リノベーションは改修

ウィキペディアによると、両者の違いについて以下のとおり記載されています。

リノベーションとリフォームは混同されやすい言葉である。どちらも住宅に手を加える点では同じだが、厳密にはその目的の部分で次のような違いがある。
リフォームは「老朽化した建物を建築当初の性能に戻すこと」を指し、元に戻すための修復の意味合いが強い。古くなったキッチンを新しいものに変えることや、汚れた壁紙を張り替えるなどの小規模な工事は「リフォーム」に分類される。
一方リノベーションは、修復だけでなく「用途や機能を変更して性能を向上させたり価値を高めたりする」行為も含むため、より良く作り替えるという目的が含まれている。工事の規模も、間取りの変更を伴うような大規模なものを指すことが多い。

リノベーションは建築時の目的とは違う次元に改修することで、リフォームは建築時の目的に近づけるよう修復するということです。
ただ、明確な違いがあるわけではなく、大規模な工事をせずに壁紙や天井のデザインなどを変更するものもリノベーションと呼ぶこともあるそうです。

 

「リノベーション」で新しい価値を

最近よくテレビやウェブサイトなどのニュースで見るようになった古民家を再利用するということもリノベーションになります。ヒトカラメディアがサテライトオフィスとして利用している徳島県美波町の『戎邸』や同じく徳島県美波町の株式会社あわえさんが拠点を構える『初音湯』もいい例でしょう。
また、自分のライフスタイルに合わせてリノベーションするという方も増えているそうです。例えば自宅を購入した後に、結婚や子どもが生まれる、子どもが独り立ちするなどの家族構成の変化。リモートワークや二地域を拠点として地元と都会で働いているなどの働き方の変化など多様性が認められてきている時代に合わせて増えてきているのかもしれません。

 

オフィスビルがマンションに!?「コンバージョン」とは

コンバージョンとは古い建物を「目的」を変えて改修することを言います。リノベーションに似ていますが、こちらは使用用途自体を変えてしまうことを指しますので、例えば廃校になった学校を福祉施設や合宿施設として再生させたり、オフィスビルをマンションに再生させたり、倉庫などを飲食店として再生することが当てはまります。

 

最後に

個人のお話ですが、働き方も暮らし方も「自分らしさ」を基準に判断する方が増えてきているように感じます。それを実現する一つの方法として、リノベーションがあるのかもしれません。中古物件や古民家などに新しい価値を生み出す「リノベーション」。ご興味ある方はぜひチャンレンジしてみてはいかがでしょうか?

ヒトカラメディア
ヒトカラメディア
株式会社ヒトカラメディアは『「都市」と「地方」の「働く」と「暮らす」をもっとオモシロくする』をミッションに、ベンチャー企業を対象としたオフィス移転、内装プランニング、働き方のコンサルティングを行う会社です。軽井沢と徳島県美波町で、サテライトオフィスを展開しています。