かっこよすぎな移転したてのウォンテッドリーさんのオフィスに行ってきた

wantedly_eye

場所は白金台。先日開催された「Wantedly Award」に参加した際にちらりとスライドに写ったウォンテッドリーさんのオフィスがとても印象的だったので、早速オフィスにお邪魔させていただきました! 場所は白金台。駅を降りると車通りはあるものの、渋谷や新宿などのオフィス街とは全く異なる落ち着いた雰囲気。

プラチナ通りをしばらく歩くと見えてきました、ウォンテッドリーさんがオフィスを構える「MG白金台ビル」。以前はクックパッドさんなんかもこちらのオフィスにいらっしゃいましたね。ビルの密集するエリアとは違って、だいぶ景色にゆとりがあります。なんだか落ち着いて集中して仕事できそう……。

立地は白金台のプラチナ通り沿い。白基調の美しいビル

立地は白金台のプラチナ通り沿い。白基調の美しいビル

 

ビルに入り、エレベーターを上がり、右に曲がるといきなり出ました。まさしくWantedly Awardで見かけた風景。正面の小さな電球で作られた「WANTEDLY」の文字が目に焼き付きます。よくよく見ると足元のタイルもウォンテッドリーのロゴとコーポレートカラーをあしらったもの。細かい見せ方に、こだわり感じます。

エレベーターを出て右を向くと、もうこんな光景。既にかっこよい

エレベーターを出て右を向くと、もうこんな光景。既にかっこよい

 

豆球で作られた企業ロゴ。一度見たら忘れられないインパクト

豆球で作られた企業ロゴ。一度見たら忘れられないインパクト

 

受付足元のタイルにはWantedlyの「W」の文字。白基調で軽やかなな雰囲気なので、ややトーン落としめの奥のスペースとのバランスが良い

受付足元のタイルにはWantedlyの「W」の文字。白基調で軽やかなな雰囲気なので、ややトーン落としめの奥のスペースとのバランスが良い

 

今回、オフィス内を案内していただくのは開発を担当されている久保長さん。ウォンテッドリーさんの受付はiPadからアポイントのある社員さんを選ぶという流れなのですが、実はこれ、「slack」という社内コミュニケーションツールと連動しているらしく、そこに通知が来るとのこと。完全にウォンテッドリーさんオリジナルのアプリで、こちらの開発にも久保長さんが関わられているとのこと。すごい。ヒトカラメディアもslack使っているので導入したいです。

受付。iPadで担当者を呼び出し。なんとこの仕組み、自社内製でslackと連携しているとか

受付。iPadで担当者を呼び出し。なんとこの仕組み、自社内製でslackと連携しているとか

 

今回、オフィス内を案内頂いた久保長様。ありがとうございました!

今回、オフィス内を案内頂いた久保長様。ありがとうございました!

 

ではまずは会議室&共用スペースをざっと。とにかく開放感がすごい! 特に目に入ってくるのは、会議室ごしの「緑」。それもそのはず、このMG白金台ビルのすぐ横は東京都庭園美術館&自然教育園なんですね。このフロアは真横から木々を眺められる高さ。せっかくの緑を活かすという意味もあって、会議室の仕切りも壁を建てるのではなく、ガラスの仕切りになっています。窓から緑の見えるオフィス、こればかりは内装をどうやっても手に入らないですからね。それを十二分に活かした空間です。ちなみに会議室の名前、分かる人には分かるアレの名前ですね。

会議室は全てガラスで仕切られているので、中央の共用部分からもそのまま外の緑が見渡せる

会議室は全てガラスで仕切られているので、中央の共用部分からもそのまま外の緑が見渡せる

 

個人的にいいなと思ったのが斜めのラインが走る天井部分。斜めで構成されたWantedlyの「W」の文字に通ずるところがある

個人的にいいなと思ったのが斜めのラインが走る天井部分。斜めで構成されたWantedlyの「W」の文字に通ずるところがある

 

分かる人にはめっちゃ分かる会議室のネーミング。感覚研ぎ澄まされそう。レクイエムになると真実に到達できなくなりそうなので要注意

分かる人にはめっちゃ分かる会議室のネーミング。感覚研ぎ澄まされそう。レクイエムになると真実に到達できなくなりそうなので要注意

 

会議室からはプラチナ通りを一望。空が広く、開放的

会議室からはプラチナ通りを一望。空が広く、開放的

 

段になったスペース。こちらに社員さんが腰掛けたりしながら、全社での全体会などを行われるそうです

段になったスペース。こちらに社員さんが腰掛けたりしながら、全社での全体会などを行われるそうです

 

カンファレンス用のスペース。敷地の隣は国立科学博物館附属自然教育園なので、窓からの景色は緑一色

カンファレンス用のスペース。敷地の隣は国立科学博物館附属自然教育園なので、窓からの景色は緑一色

共用スペースはひとつひとつが見応えのある家具。代表の仲さんも家具選定にはかなりこだわりを持たれたそうです。一見普通の大きなデスクに見えるものは実は木製の卓球台。そういうものをさりげなく置くという遊び心もウォンテッドリーさんらしいです(卓球台だと気づいたときはけっこうテンション上がりました)。あと、オフィス内装のプロデュースも行うヒトカラメディアとして気になったのがマニアックですが天井。天井ってなかなかこだわりきれないんですが、この天井はなかなかのこだわりっぷりです。

 

分かる人には分かる、渋いセレクト

分かる人には分かる、渋いセレクト

 

左側に見えるはなんと卓球台。青や深緑だけじゃないんですね……

左側に見えるはなんと卓球台。青や深緑だけじゃないんですね……

 

執務スペースと共用スペースの間は最低限の仕切りのみ。こちらも壁ではなくブルーのガラスなどをうまく使っていて、全体の開放感に寄与しています。執務スペースに入ると、まだまだゆったり。今後、サービス拡大に向けどんどん新しい仲間を増やされるとのこと。既に立ちながら仕事ができるスペースや、執務スペースとは切り離された集中スペースなども用意されており、『「働く」を面白く』を標榜する通りの空間づくりになっていました。

執務スペースは土足厳禁。中央の共用部分と分かれているものの、こちらもガラスで仕切られているため開放感はたっぷり

執務スペースは土足厳禁。中央の共用部分と分かれているものの、こちらもガラスで仕切られているため開放感はたっぷり

 

執務スペースからも緑!スタンディングで作業できるスペース以外にも、個室の集中スペースも

執務スペースからも緑!スタンディングで作業できるスペース以外にも、個室の集中スペースも

 

全面窓ガラス。ビル内にも緑が植えられ、開放的な雰囲気

全面窓ガラス。ビル内にも緑が植えられ、開放的な雰囲気

先日のWantedly Awardで発表されたAPIの開放。ものすごく掻い摘むと、「Wantedlyのサイトに行かなくても、Wantedlyのサービスと連携できる」というものなのですが、僕自身、ヒトカラメディアでは採用担当をやっており、Wantedlyを通して通常の採用手段だとなかなか巡り会えないような方にお会いできたりなど、本当にお世話になりっぱなしです。ぜひ今後のサービス展開、自分事のように期待しております!

 

ウォンテッドリー株式会社

 

 

居抜きオフィス移転サポート

田久保 博樹
田久保 博樹
佐賀出身。九州大学芸術工学部卒業。雑学好き。株式会社オールアバウトでメディアの企画や編集、立ち上げに携わってきました。働き方や暮らし方、都市や地方での時間の使い方ってもっといろんなカタチがあってもよいのでは!との想いから、ヒトカラメディアに参画。お酒と旅と歴史とアウトドアが趣味。郡上八幡の徹夜おどりは2年連続参戦中。興味ある方、お声がけください!