窓の外は都会の森。「緑」を一望できる、おすすめのオフィスビル3選

greenview_eye

greenview_eye

ヒトカラメディアがおすすめするオフィスビルシリーズ。今回のテーマは「窓から緑が見えるビル」。3つのビルを紹介しますが、どのビルも緑が視界に入りながら、それぞれ違った魅力を持っています。ヒトカラメディアでもオフィス選びのお手伝いをしていますが、よく立地や価格以外で声が挙がるのが、窓からの眺望。特に、緑が見えるオフィスは一度内見するとけっこう惚れてしまうパターンが多いです。それでは、いくつか代表的なビルをご紹介!

 

 

赤坂御用地の生い茂る木々が目の前に。「アトム青山タワー」

 

 

今回ご紹介するビルの中では窓から見える緑の量が最も多いビルになります。ちょうど青山一丁目駅と赤坂見附駅の中程。青山通沿いにあるビルで、目の前は赤坂御用地。通り側の窓面からは青山通りを挟んで一面、赤坂御用地の緑と、あとは空。高層ビルからの絶景、とはいきませんが自分と同じ目線の高さに緑が広がる風景はまた違った魅力があります。

 

 

窓からは千鳥ヶ淵のパノラマ!「ワールドワイドセンター」

 

 

オフィスの通り側の面は全面ガラス張り。そこから広がるのは、桜の名所でおなじみに千鳥ヶ淵のパノラマ風景です。こちらもアトム青山タワー同様、ビルの高さはありませんが、普通のビルではなかなか得られない開放感が魅力です。最寄り駅は半蔵門。住所もブランドある三番町です。ちなみに、半蔵門という名前の由来は忍者で有名な服部半蔵。表門となる大手門(丸の内側)の真裏に位置し、いざというときに将軍様を逃すためにこの一体に居を構えていたそうです。

 

 

好立地!皇居のお堀と緑が一望! 「郵船ビルディング」

 

最後は都内有数のビジネス街、丸の内に構える「郵船ビルディング」。東京駅から徒歩3分、大手町駅・二重橋前駅徒歩1分と立地も抜群。そして大きく面取られた通り側の窓からは皇居のお堀と緑が広がります。ちなみに今なら内装構築費を節約できる「居抜き」での入居が相談可能なフロアもあるとのこと。この立地でこの景色のオフィスにお得に入れる、なかなかないチャンスかもしれません!

数多くあるオフィス、内装のレイアウトなどはどんなビルであっても創意工夫でいろんなものを作れますが、景色だけはどうにも変えられないもの。窓が多かったり、眺望がよかったり、そこから緑がたくさん見えたり、ぜひオフィス選びのこだわりポイントにしてみてください!もし気になるオフィスビルがあれば、ぜひヒトカラメディアまでご一報をば!

ヒトカラメディア
ヒトカラメディア
株式会社ヒトカラメディアは『「都市」と「地方」の「働く」と「暮らす」をもっとオモシロくする』をミッションに、ベンチャー企業を対象としたオフィス移転、内装プランニング、働き方のコンサルティングを行う会社です。軽井沢と徳島県美波町で、サテライトオフィスを展開しています。