オフィスの引っ越し、いくらかかる?オフィス移転費用をまるっと洗い出し!

25be99321077d527672110e4a7eed382_l

こんにちは!ヒトカラメディア最年少の尾嵜司です!

ヒトカラに入社して、初めてオフィス仲介という世界に飛び込んだのですが驚きばかりの毎日を過ごしております。特にオフィス移転の費用には驚きました。僕は入社前にはオフィス移転について、「家の引っ越しと変わらないだろう」「敷金とか礼金とかわかるよ、高くても家の時と同じで2ヶ月ずつくらいでしょ?」と思っていました。
しかし、オフィス移転の実情は想像をはるかに超えておりました。敷金だけで12ヶ月といった条件も当たり前のようにあり、そんなに費用がかかるんだ……と驚きを隠せませんでした。

そこで今回はオフィスを移転される方が、少しでも驚きや戸惑いをなくせるよう、オフィス移転の費用についてご説明します!

 

オフィス移転にかかる費用は具体的に何がある?

そもそもオフィス移転の費用ってどんなところに発生するのかさえわからないことも多いですので、まずは契約時までにかかる費用項目をまとめてみました。

なお、以下の内容はあくまでも目安であり、物件により条件などは異なります。

【費用項目一覧】

◆敷金/保証金(敷金と保証金の意味合いは同じものとお考えいただいて大丈夫です)
→家の賃貸と同様にオフィス物件にも敷金が発生します。家と異なるのは先にも話題に出した、◯ヶ月の部分。サイズによりますが20坪以下ですと3~6ヶ月、20~60坪ですと4~8ヶ月、60坪以上ですと8~12ヶ月くらいの敷金/保証金が必要となります。

◆礼金
→50坪以下くらいまでのサイズですと礼金が条件にあることも多いのですが、サイズが大きくなるにつれて条件に礼金という項目がないケースも増えていきます。1~2ヶ月程度のことが多いです。敷金と違い、全く戻ってきません。

◆前家賃
→例えば8月から入居する場合に、7月の契約時に8月分の家賃を先払いすることになります。その先払いの家賃を一般的には前家賃と呼びます。8月の途中からとなると、その日割り分の金額になることが多いですが、1ヶ月分かかること、また2ヶ月先までの家賃の先払いを求められることも多いので注意しましょう。

◆火災保険
→こちらは家財などを守る保険です。保険にもよりますが安いと2年分で約2万円〜となります。ただし貸主側で保険会社やプランまで指定していることもありますので要確認。

◆保証委託料
→この項目については、聞き慣れない方も多いと思いますので後述いたします。相場としては、月額総支払額(賃料+管理費/共益費+駐車場などその他雑費も含む)の1ヶ月分の事が多いです。

◆仲介手数料
→税込賃料1ヶ月分が相場です。

 

家探しでもおなじみの敷金・礼金以外にも、実はいろいろな費用項目があるのです。この中で僕が最初に気になった項目は保証委託料でした。「保険と違うの?」と思いますよね。保証委託料とは、もともとは保証人が立てられない時に保証会社という機関にお金を払って保証人の代わりになってもらう時にかかる費用です。「保証人がいれば関係ない」と思うのですが、実は保証人がいても保証会社への加入が必須条件になることもありますので、契約の際には要確認です。

 

内装工事の費用をイメージしましょう!

ここまででいくつも費用項目があったのですが、実は今お伝えしたものはオフィスを借りるまでの費用です。借りたオフィスはもちろん、からっぽ。そのままでは日々の執務は行えませんよね。

例えば、会議室やエントランス。元々設置してあるオフィスは少ないので、基本的には入居者が作ります。もちろんデスクも椅子もありません。もうお気付きかと思いますが、オフィスの場所が決まってからも内装にお金がかかるのです。具体的に言うと、密室の会議室を作る場合は70万~200万円の費用が発生します。空調を追加でつけるれば更に費用はアップします。

内装や什器の金額により幅はありますが、ざっくりとした内装構築費用の目安をご紹介します。

【内装構築費用】

◆30万円~/坪

ブランディングに寄与するオフィスに会社の色を全面に押し出した作りこんだ印象を与えられる内装です。

◆20万/坪

工夫次第で個性的なオフィスにできます。すべての希望が叶うわけではありませんが、アイデアがあればアクセントや特徴を持たせることもできます!

◆10万/坪

最低限の内装で事務所的なオフィス。「おしゃれな内装」にすることは難しいかもしれませんが、業務を行う上で支障はありません。

 

もちろんデスクや椅子など、こだわりが増えることでどんどん金額は上がっていきますので、資金とのバランスを加味しながら内装構築費用を考慮する必要があります。

 

移転費用は、「内装」のことまで考えよう!

 

今回僕が一番伝えたかったことは、入居後のオフィス環境を整えるまでを見据えてオフィス移転の費用を考えていただきたいということです。オフィスは企業にとって非常に大切な働く場所です。いくら良いビルでも、入居後に適切な内装や什器が揃えられなければ良い環境にはなりません。ビル自体にこだわることももちろんですが、それだけではなく、どんな働く空間にしたいのか、内装・什器のことまで考えながら移転先を決めることが大切なのです。