ファミリーが社内の課題をどんどん解決!エストコーポレーションのグッドアイディア「クエスト制度」とは?

クエスト発表日には、メンバーが自らのハンコをもって集まる。張り出し時間直後にはクエストの取り合いのじゃんけんが行われたり、大盛り上がりだとか

DSC_0120

市ヶ谷駅と靖国神社のちょうど間に位置する落ち着いたエリアに、勢いのあるベンチャー企業さんが移転されたとの噂を聞きつけて、お邪魔してきました!

DSC_0172

白を基調とした広々としたエントランスホール。ガラス戸からは共有スペースの明るい雰囲気が伝わってきます。

白を基調とした広々としたエントランスホール。ガラス戸からは共有スペースの明るい雰囲気が伝わってきます。

 

今回お邪魔した、株式会社エストコーポレーションさんは、医療・介護におけるITシステムやアプリ開発などのサービスを展開されている創業9年目の企業です。

広々とした清潔感あふれるエントランスにはエストコーポレーションさんオリジナルの受付アプリが表示されたタブレットがセットされ、こちらを通してサクサクっと10秒ほどで受付完了。お家業とはいえ、このような便利なアプリを作ることができるのは、流石です!

DSC_0124

こちらがオリジナルの受付アプリケーション。デザインも素敵!

 

社員同士のコミュニケーションを考えて、ワンフロアのオフィスに移転

移転前から市ヶ谷にオフィスを構えていらっしゃったというエストコーポレーションさん。毎年メンバーが増えていったため、ワンフロアでは足りず最終的に3フロアにわたりオフィスを構えていたそうです。「社員同士仲がいいはずなのに、フロアが分かれると会議の時にしか顔をあわせることがないし、エレベーターや階段を使って会いに行くという動線はどうしても面倒になり、用件を電話やメールで終わらせてしまい、直接のコミュニケーションが少ないという不自然な感じになってしまって。もっと社内間コミュニケーションを円滑にできる環境にしたいという考えるようになったんです。」物理的な距離を縮めるため、ワンフロアへの移転を決意。今は営業部やクリエイティブチーム、管理部などが近い距離にいる上、エントランスからも見えた共有スペースを広く作ったことでコミュニケーションが増え、自然に部署を横断して「すぐ取りたいコミュニケーションがとれる」社内環境になりました。

DSC_0157

デザイナーさんなどクリエイティブチームの執務エリアのデスクDIY。黒板が貼られていて、カフェのようなお洒落な絵が描かれていました

デザイナーさんなどの執務エリアのデスクはDIY。黒板が貼られていて、カフェのようなお洒落な絵が描かれていました

DSC_0149

DSC_0160

広々とした共有スペースはメンバーが自然に集まるダイニングキッチンのような存在

 

オフィス移転と同時にスタート。社員の関係性を深める「クエスト制度」が秀逸!

オフィス移転をしてすぐに始まったのが「クエスト制度」というユニークな制度。

このクエスト制度とは、クエストは個人に課される「事業部クエスト」と、部署を横断した「ファミリー」というチームごとに競う「エストクエスト」の二種類があり、月に1~2回、社内の掲示板に「クエスト」と呼ばれる指令が貼りだされ、メンバーは自主的に挙手してそのお題の担当につきます。そのお題をクリアすると提示されていたポイントを獲得。

「事業部クエスト」は獲得ポイントに合わせて福利厚生のポイントサービスからギフトを選べるという、メンバーにも嬉しい制度です。「◯◯さんに新しいアプリのPRの手段を考えて欲しい」というように、直接指名のクエストも。このようにマネージャーからメンバーを育てる仕組みにもなっています。

そしてもう一方「エストクエスト」も秀悦な仕組み。エストファミリー制度といって、社内で10人ずつくらいの擬似家族を形成。里親・里兄(姉)・里子を構成するメンバーを配置。里親には次期マネージャー候補、里子には新入社員、里兄(姉)には中堅として里親を支える、というチーム編成となっているのです。そのチームで「オフィス移転パーティーの幹事募集!」「社内の購入文献が読まれていない状況を打破する施策を考える」というような様々な課題を解決していくのです。ちなみに、この「エストクエスト」の報酬は現金。得た報酬を使って飲み会に行く、休日にレジャーに行くなどしてファミリーの絆はどんどん強まっていくのです。

なおファミリーを構成するメンバーの所属部署はバラバラで、1年で入れ替え制。部の垣根を越え、クエストの実行以外にも直属の上司や先輩には話し辛い相談事なども気軽に出来る関係性を様々なところで築き上げる仕組みになっています。個人の悩みをファミリーを介して解決できるだけでなく、実は里親にとっては今後のマネージメント能力の向上にも繋がるという非常に優れた施策。このユニークな制度により社内コミュニケーションが活発に、そして様々なプロジェクトが円滑に動き始めているそうです。

 

クエスト発表日には、メンバーが自らのハンコをもって集まる。張り出し時間直後にはクエストの取り合いのじゃんけんが行われたり、大盛り上がりだとか

クエスト発表日には、メンバーが自らのハンコをもって集まる。張り出し時間直後にはクエストの取り合いのじゃんけんが行われたり、大盛り上がりだとか

取材に伺った日、偶然にもクエストで決まったファミリーが幹事となり社内パーティを行うということでファミリーが準備を行っていました!共有スペースが社員のコミュニケーションの場として活用されています

取材に伺った日、偶然にもクエストで決まったファミリーが幹事となり社内パーティを行うということでファミリーが準備を行っていました!共有スペースが社員のコミュニケーションの場として活用されています

 

笑顔が生まれる社内環境だからこそ、お客様への良いサービスが生まれる

エストコーポレーションさんは、この6月に至近距離にある内科を探して即診療受付ができるモバイルアプリ「ソクミテ」という新サービスをスタート。位置情報から近くの医院を探せるだけでなく、空き状況・待ち時間状況を知ることもでき、さらに簡単に来賓受付が出来るという、働く人にとっては非常にありがたいアプリです。現在は東京都新宿区、渋谷区エリアの内科の情報をカバー、そして8/28より港区も対象となり、使えるエリアが広がっています。

「痒いところに手が届く」サービス展開において、社員間の会話やちょっとしたコミュニケーション、気遣いなどが要になります。その課題をオフィス環境というハード面、そしてユニークな制度というソフト面を上手く組み合わせ解決していらっしゃるエストコーポレーションさんの取り組み、大変勉強になりました!

————————-

株式会社エストコーポレーション
http://est-corporation.jp/

◆至近距離にある内科を探して即診療受付ができるモバイルアプリ「ソクミテ」
http://sokumite.com/

◆日本で初めて医療機関のネット予約ができるポータルサイト「エストドック」
http://estdoc.jp/

◆全国の授乳室・おむつ変え施設が検索できる無料の投稿型地図アプリ「ベビ★マ」
ヒトカラメディア
ヒトカラメディア
株式会社ヒトカラメディアは『「都市」と「地方」の「働く」と「暮らす」をもっとオモシロくする』をミッションに、ベンチャー企業を対象としたオフィス移転、内装プランニング、働き方のコンサルティングを行う会社です。軽井沢と徳島県美波町で、サテライトオフィスを展開しています。