この、屋根の上の出っ張った部分が「うだつ」。元々は隣家が火事なった場合に延焼を防ぐための壁だったが、次第に財力を示す象徴的なものとなり意匠も凝ったものとなっていった。あとから建った家は、隣の家よりも少し高いうだつをあげる