takubo-02

「働く」が幸せじゃないと、人生もったいない

田久保 博樹

取締役。佐賀県出身。九州大学芸術工学部音響設計学科卒業。株式会社オールアバウトでメディアの編集や企画、広告制作、新規事業の立ち上げなどに従事。2014年、ヒトカラメディアに参画。企画・マーケ、採用、組織戦略などを担当。趣味は旅と歴史とお酒とアウトドアと祭り。郡上八幡の徹夜おどりは3年連続参戦中。

ヒトカラメディア入社決断の理由

30歳というひとつの区切りがじわじわと迫ってきた、27、28歳あたりのビジネスパーソンとして多感な頃、起業したての高井と出会いまして、関心の矛先や気持ち良さのツボ、実現したい世界観など、フィーリングがぴったり合っちゃいまして、夜の渋谷の歩道橋でのロマンチックな展開も挟みつつ(詳細は高井執筆のWantedly記事にて)、ジョインを決めました。

 

ヒトカラメディアはこんな会社だ!

最近改めて考えてみると、堺屋太一が『組織の盛衰』の中で著した、共通目的遂行のための「機能体」とその場にいること自体が意味を持つ「共同体」のちょうどいいとこ取りのような組織を知らず知らずのうちに目指しているのではないかなと〜思っています。会社なのかコミュニティなのか、趣味なのかビジネスなのか、同僚なのか友達なのか、そのあたりの境界線が徐々に薄まり、混じり合ってるような組織ですね(矛盾もはらむのでいろいろと課題は出てきますが(笑))。

 

影響を受けたヒト・コト・モノ

仕事のイロハと仕事は一生懸命やって楽しまなきゃ人生損というスタンスを教えてくれた前職オールアバウトの先輩方、当時プロジェクトで関わっていた、クレイジーな熱量と圧倒的なスピードでビジネスをどんどん作っていく某代理店の方々は本当にいまでも尊敬してますし、追いつきたいですし、当時言われたことをいまでも夢に見ることがあります(笑)。

 

これは社内イチだなと思う得意技

他人の旅行プランの組み立て。ヒアリングの精度、情報収集力、編集力、魅力を伝える情熱、全てが必要となる作業ですが、けっこう得意です。

 

絶対におすすめできる旅行プラン

社会の教科書で日本有数の豪雪地帯として紹介されることの多い、新潟県の南魚沼市〜十日町市が春夏秋冬オールシーズンでおすすめです!夕暮れ時の里山が折り重なるレイヤーや棚田の美しい。八海山で有名な八海醸造さんの施設がワクワクする。日本三大薬湯のひとつ、松之山温泉の風情と硫黄臭がたまらない。広大なエリアに散らばる越後妻有アートトリエンナーレの作品群がおもしろい。派手さはそんなにないですが、じわじわ染み込んでいくような魅力がたっぷり。