takai-02

もっと多くの人が自分の軸を貫ける世の中にしたい

高井 淳一郎

代表取締役。岐阜出身。名古屋工業大学建築・デザイン工学科卒業。株式会社リンクプレイスにて、オフィス仲介・構築、ビルオーナー向け新規事業開発に携わった後、ベンチャー保証会社の立ち上げメンバーとして参画。「働く」と「暮らす」の選択肢を増やすことが豊かさに繋がるという信条のもと、2013年5月株式会社ヒトカラメディアを設立。代表取締役に就任して現在に至る。蓼科エリアとリトルワールドマニア。

ヒトカラメディア入社決断の理由

起業に至る背景になりますが、僕は小さな頃から胸を張って誇れる、何か形に残る仕事がしたいと思っていました。そして学生時代の様々な経験を経て、それを一人ではなく個性豊かなメンバーとともに、世の中に圧倒的な影響を与えていけるようになりたいと思うに至りました。だからこそ普遍的テーマを掲げて、本質を追求するチームを作るためにヒトカラメディアを立ち上げております。難易度は高いですが、逆に燃えるってやつですね!

 

ヒトカラメディアはこんな会社だ!

誰もキャラかぶりしておらず、軸を持った個性的な人間ばかり!皆それぞれ何かしらこだわりを持っていて、語りだしたら止まらないこのちょっとめんどくさい感じが好きです(笑)。会社としてはまだまだ足りないところだらけですが、それもどうやって解決していくかをみんなで考えていける良いメンバーばかりです。

 

影響を受けたヒト・コト・モノ

一番影響が大きかったと感じるのは大学時代に読んだ岡元太郎著の「自分の中に毒を持て」という一冊の本。熱量を持って、個を持って、それを貫き通す岡本太郎の生き方に当時感銘を受けました。これをきっかけに他人の評価の中で生きるのではなく、自身の誇りと納得感を軸として生きるスタンスが身についたと思います。そしてとりあえずそこからは、できるかできないかではなく、やるかやらないかという選択肢しか無くなった気がします(笑)

 

これは社内イチだなと思う得意技

段取り力ですね。スイッチ入った時のサプライズやコーディネート力にはけっこう自信あります。特に相手とTPOに合わせたお店選びには定評がございます。基本的に相手を喜ばせたりあっと思わせることが好きです。(学生時代に幅広めにサービス業経験しているので、もてなすスタンスは持っている方かと!)

 

絶対におすすめできる旅行プラン

長野県の白樺湖周辺〜美ヶ原高原にかけて。夏のシーズンは20年近く毎年行っちゃうくらい素敵です。雄大な自然が溢れるドライブロードを軸に、聖剣伝説の世界を彷彿とさせる御射鹿池、行ったら3つは食べてしまうソフトクリームと東京では食べたことがないクオリティのモッツアレラチーズ入りコロッケを出してくれる牧場レストラン、今まで食べたもの全ての中で3本指に入るんじゃないかという高原で食べる絶品じゃがバター、山小屋で出してくれるほんのり甘い珈琲、この世とあの世の狭間なんじゃないかというカオス具合の雲の上にある屋外展示の高原美術館、日本で一番高いところにある雲海にかこまれた孤高のホテル、などなど。とりあえず満足させる自信があります。