sugiura

自由に働くこと=自由に生きること。ママさんを応援!

杉浦 那緒子

愛知県出身。中央大学法学部卒業。小学生の息子がいるおかんです。新築マンション営業、不動産広告メディア、Webメディア、キャリア教育など、様々な業界を渡り歩きました。資格ゲッターでもあります(家計相談を趣味でやってます)。「自由に働くこと=自由に生きること」が信条です。ママさんそして次世代の子供たちがもっと自由に楽しく働ける文化を作ります!

※イベント登壇&取材申込、大歓迎です。問合せフォームからぜひどうぞ!

ヒトカラメディアに入社した理由

①「世の中の選択肢を増やしたい」という高井の言葉にぐっと来たから。自分が「子供を育て家事をしながら働くのはなぜか」と考えたときの答えがまさしく「自分と家族の選択肢を増やすこと」だなと心の底から納得しました。生殺与奪の権を誰かに奪われたくない。また、スタートアップ・ベンチャー企業というのは、「世の中を変えよう」という人達。そうした企業の成長の一端を担えるのは、間接的に子供の未来の選択肢を増やすことだと思います。「子供を直接的に世話するのも、仕事を通して子供が活躍するフィールドを広げるのも、どちらも広い意味で子育てだ!」と胸を張って言えるので。②働き方の最先端を試すことができるから。多分普通のオフィス仲介の会社だったら入社していなかったと思います。『「働く」をもっとオモシロくする』というミッションにかけました。私が入社した当時は、若い独身男子ばかりだったのですが、彼らは働き方が変わらなくても致命的に困ったりしない。時間も体力も制限のある私の方が働き方を変えざるを得ない。自ら最前線で働き方を試す時がいずれくると確信していました。

 

ヒトカラメディアのここが好き!

【不動産会社なのに、最先端のサービスにどっぷり浸かっているのが好き】Air Mac貸与、デュアルディスプレイ、slack・asana・sansan・senses・smartHRなど、とても不動産会社とは思えないような最先端ツールが使えること。【メンバーが濃い。興味対象が多岐にわたる】メンバー同士で興味のある分野が異なるので、普段目にしないような分野のニッチ&最先端の情報交換ができます。【会社もメンバーも固定概念がないのが好き】私達のミッションは『「都市」と「地方」の「働く」と「暮らす」をもっとオモシロくする』。この世界を実現するために何でもやるぜという節操のなさが好き。【JOJO好きが多い】社長をはじめJOJO(※)好きメンバーが多い。(※荒木飛呂彦 作『ジョジョの奇妙な冒険』のこと)

 

影響を受けたヒト・コト・モノ

3人います。IT界の女帝と呼ばれる奥田浩美さん、リクルート出身で株式会社キッズライン代表の経沢香保子さん、同じくリクルート出身の株式会社ACT3代表の堂薗稚子さんです。私の生き方のお手本になっています。

 

これは社内イチだなと思う得意技

勢いと行動力です。奥田さんに会いに行くとか、経沢さんに会いに行くとか。あと、むき出しの文章を書くことです。青臭いことを普通に言いますし、行動もします。

 

絶対におすすめできる旅行プラン

一人東京観光です。家のことを済ませて、11時にテルメフェリーチェ代官山で、オーガニックコスメを使ったフェイシャルとボディのエステ。代官山蔦屋書店で建築・街歩き・旅行の本を眺めて3冊購入。同じエリア内のIVY PLACEで、ミモザとアボカド&サーモンのサンドイッチで遅いお昼ごはん。コーヒーを飲みながら先程買った本を読む。レディースプランのある半蔵門のホテルへ。部屋で受けられるボディマッサージを受け、1時間ほど半身浴。夕飯はスムージーだけで就寝。翌日は皇居の周辺を散歩。前日に読んだ建築の本から、幕末と明治の知識を引っ張りだしながら歩く。ブランチは丸ビルのカタナでプレミアムモルツとお好み焼き。食事が終わったら高層階から皇居を眺めて、今度は浜離宮にいこうかなーと思いながら帰る。