sugiura-02

自由に働くこと=自由に生きること。ママさんを応援!

杉浦 那緒子

事業推進部。愛知県出身。中央大学法学部卒業。小学生の息子がいるおかんです。新築マンション営業、不動産広告メディア、Webメディア、キャリア教育など、様々な業界を渡り歩きました。資格ゲッターでもあります(家計相談を趣味でやってます)。「自由に働くこと=自由に生きること」が信条です。ママさんそして次世代の子供たちがもっと自由に楽しく働ける文化を作ります!

ヒトカラメディア入社決断の理由

入社決断理由は「選択肢を増やしたい」という高井さんの言葉です。だって、私が一番たくさんの選択肢を待ち望んでいるから。不動産でありながら、最先端のWebツールが使える環境やリクルートに似た勢いのある文化も好きです。今後やりたいことは、自由に生きる見本市のような人生を送ることです。そして、それを発信すること。お母さんが幸せに働けるサービスが作りたいなって思っています。

 

ヒトカラメディアはこんな会社だ!

素敵な公私混同があります(笑)。自分と会社の目的が一致している人が多い印象です。あと、みんなすぐにクライアントのファンにすぐなってしまうこと。これも素敵なことだと思います。ただ、男性比率が高いのか、整理をするのが苦手な人が多いです。ヒトカラのおかんとして徹底的に教育しています(笑)。

 

影響を受けたヒト・コト・モノ

3人います。IT界の女帝と呼ばれる奥田浩美さん、リクルート出身で株式会社キッズライン代表の経沢香保子さん、同じくリクルート出身の株式会社ACT3代表の堂薗稚子さんです。私の生き方のお手本になっています。

 

これは社内イチだなと思う得意技

勢いと行動力です。奥田さんに会いに行くとか、経沢さんに会いに行くとか。あと、むき出しの文章を書くことです。青臭いことを普通に言いますし、行動もします。

 

絶対におすすめできる旅行プラン

一人東京観光です。家のことを済ませて、11時にテルメフェリーチェ代官山で、オーガニックコスメを使ったフェイシャルとボディのエステ。代官山蔦屋書店で建築・街歩き・旅行の本を眺めて3冊購入。同じエリア内のIVY PLACEで、ミモザとアボカド&サーモンのサンドイッチで遅いお昼ごはん。コーヒーを飲みながら先程買った本を読む。レディースプランのある半蔵門のホテルへ。部屋で受けられるボディマッサージを受け、1時間ほど半身浴。夕飯はスムージーだけで就寝。翌日は皇居の周辺を散歩。前日に読んだ建築の本から、幕末と明治の知識を引っ張りだしながら歩く。ブランチは丸ビルのカタナでプレミアムモルツとお好み焼き。食事が終わったら高層階から皇居を眺めて、今度は浜離宮にいこうかなーと思いながら帰る。