seko

「家庭も仕事も自分も大事にしたい人」を肯定したい

世古 鮎美

神奈川県横浜市出身。首都大学東京インダストリアルアートコース卒業。前職では歯科医療機器メーカーで新規事業プロダクトの企画やデザインを担当。2015年に第1子を出産し母としても奮闘中です。様々な環境で働いている方々に、より豊かな「働く場」と「働き方」を提案していきたいです。趣味は街散策中にチョコレート屋さんを探すこと、そして生麩が大好きです。

ヒトカラメディアに入社した理由

自身のライフステージの変化で働き方に悩んでいるときに、前職で社内レイアウト変更の業務を担当しました。その際「働く場」を考えることは「働き方」を考えることに繋がると気づき、オフィス作りに興味を持ちました。ヒトカラメディアでなら「働く場」と「働き方」両面にアプローチでき、自身の豊かな働き方も実現できると考え決断しました。

 

ヒトカラメディアのここが好き!

仕事の先に各々やりたいことを持っているところ。未来に向けて目標があるから、日々の業務で多少困ったことや大変なことがあっても、へこたれない。この強さはとても魅力的です。そして強さと一緒に、個人個人のプライベートに配慮する優しさも持ち合わせているところもまた素敵なところです。

 

影響を受けたヒト・コト・モノ

姉の爆発的な向上心は私に大きな影響を与えました。現状に満足せず常に努力を惜しまない姿を間近で見て、私自身も日々発展することを意識するようになりました。とはいえ毎日フルスピードではなく、國中均さんの「ゆっくりでも、止まらなければ、けっこう進む。」をモットーに少しずつでも変わっていけるよう心がけています。

 

これは社内イチだなと思う得意技

木製の椅子が好き。豊口克平のスポークチェアのような柔らかい雰囲気のものが特に好きです。

 

絶対におすすめできる旅行プラン

【瀬戸内の島々を満喫プラン】

一日目 高松港あたりで1泊し、讃岐うどんをいただきます。
二日目 直島を満喫します。自転車借りて美術館を巡りまくります。地中美術館は必見です。
三日目 豊島を満喫します。やはり美術館を巡りまくります。豊島美術館は絶対です。そして高松港あたりで讃岐うどんをいただきます。