noda

「働く事、家族と暮らす事ってすごく楽しい」と笑顔で語り合える社会を創りたい

野田 賀一

青森出身。5人兄弟の長男。趣味は落語、フットサル。高校を卒業後、自衛隊に5年従事。その後、FP取得をキッカケに不動産の世界に飛び込む。前職ではオフィスビルオーナー向けに特化したソリューション提案を行う。主にレンタルオフィスや貸し会議室の運営や企画営業を6年経験。不動産を切り口として組織と個人が輝けるキッカケをつくりたい!そういうパートナーになる!という熱い想いで日々仕事に取り組んでいる。

ヒトカラメディアに入社した理由

前職でオフィス仲介、貸し会議室事業、ビル管理、レンタルオフィス事業と様々な事業に関わらせていただいて、社長室というポジションで視野と視座を広げて仕事が出来たことで成長出来たと感じました。次のステップと考えた時に、事業ありきの発想ではなく、課題や悩み、あったらいいな。ということから事業にしていくことで関係者をもっとたくさんwinにしていきたいとおぼろげながらに考えるようになって、大企業に行くよりは自分が今までやってきたことを踏まえてチャレンジしてみたいと感じたことと、まだこれから組織が出来上がって行くヒトカラメディアでは、自分の影響力がより顕著に必要とされると感じ、入社を決めました。メンバーがいきいきとフランクに働いていたことと、助け合っている姿を見て、ここで働いたら切磋琢磨できそうと純粋に感じたことも大きな要因となりました。

 

ヒトカラメディアのここが好き!

みんな前を向いていること!仕上がった組織ってどこもないと思っていて、肝心なのはメンバーの意識と方向性が合っていて、みんな戦友みたいに切磋琢磨したり協力しながらっていう空気感が文化として根付いていることだと思っています。それがヒトカラメディアにはある!!また、自分の取り組み方次第でどんどんフィールドを広げていってワクワクすることを仕掛けていけること!そして何よりも最大の魅力は、メンバーがそれぞれ得意分野や個性を持っていて多様性があることですね。個人の掛け合わせでプロジェクトや案件をぐいぐい推進していっているのを実感出来るので、悔しさも嬉しさも分かち合えているんじゃないかと思います!

 

影響を受けたヒト・コト・モノ

小中学校時代に相撲と柔道をやっていた時に、個人戦では中々優勝することができなかったけれど、団体戦では優勝することができました。また高校時代のサッカーや社会人になってからのフットサルで大会に勝つことや、仕事ではPJチームで目標を達成するということで組織で達成することの嬉しさと難しさを学びました。自分だけよりも1人でも多くの人と一緒にチームで成し遂げるほうが断然嬉しい。これが僕の仕事観かもしれません。

 

これは社内イチだなと思う得意技

居抜きの調整と居抜き獲得トークですね!前職で、ビルオーナーさん側で仕事をしていたこともあり、調整力や交渉力には自信があります。

 

絶対におすすめできる旅行プラン

地元青森には誇れるモノがたくさんあります。オススメをいくつか紹介すると、「春、桜満開の弘前城&りんごパイとローカルフードに舌鼓」、「五所川原で縦に長い巨大な立ちねぷたと好きなネタで作れる市場の海鮮のっけ丼」、「秋の紅葉は奥入瀬渓流の絶景を見ながら、十和田湖の遊覧船でゆったりと大自然を満喫」、「肉厚に切られた馬刺し+巨大ほたて&獲れたてアワビ+透明で透き通った新鮮すぎるイカ刺しを地元の銘酒と共にいただく」…そして極め付けは、最後はわずか数百円で入れてしまう本格的な温泉ですね!青森には朝温泉に入るという文化があり、二日酔いもたちまち吹き飛びます。豊かな大自然に癒されて、お腹いっぱいになって、心身共にリフレッシュできる青森。最高でーす!!