member_nishi

だれかをしあわせにするには、まずじぶんから

西 麻実

千葉生まれ。東京&千葉育ち。千葉と福岡のハーフ。夫・にゃんこと、ほのぼの暮らし。内見&妄想好き。好きな食べ物はカレーライスとプリン。いろいろなものの狩りガール。医療・自動車事業・保険・金融など、業種は異なれど、対カスタマーメインの仕事にずっと携わってきました。持ち前のホスピタリティ魂を生かして、社内外に「いきいき」と「しあわせ」を生み出していきたいです。

ヒトカラメディアに入社した理由

自分の働きかけによって誰かが喜んでくれたら嬉しい。そういう想いを持ちながら働いてきましたが、ふと逆に「働く」という環境の中から見た自分はどうだろう?心から喜びながら働けているだろうか?誰かを笑顔にできた時、自分が心の底から満足できるためには、自分の働く環境、そして一緒に働く人も、とても大切な要因なのだと感じるようになりました。そしてまた「働く」ことを考えた時に絶対に切り離せないのが「暮らす」ということ。「働く」が制約となり「暮らす」を楽しめないなんてもったいない。そんなことを悶々と考えているタイミングで、ヒトカラメディアと運命的な出会いを果たしました。【「都市」と「地方」の「働く」と「暮らす」をもっとオモシロくする】というミッションと、【「働く場」と「働き方」からいきいきとした組織と個人を増やす】というビジョンを見たときに、自分の中で腑に落ちる部分しかなかったので、入社を決めました。私もヒトカラメディアでメンバーと一緒にいきいきと働きたい!と思いました。

 

ヒトカラメディアのここが好き!

内見&妄想が好きというのもあり、不動産の仕事には興味を持っていました。ヒトカラメディアが他と一味違うところは、目に見える価値(物件や内装)の提供に留まらず、目に見えない価値(会社の成長や人の繋がり)も提供しているところ。そこが最大の魅力だと思います。本来であればとても大変な会社の移転を、会社の成長の好機と捉え、移転の過程で社員一丸となって団結して達成できたら、その後の「働く」はこれまでよりずっと充実したものになる。その一端を担えるところに、大きなやりがいを感じます。単純に売り上げを上げるという意識のみならず、移転した会社のパートナーになるという意識を持ち合わせているのも、人を大切にするヒトカラメディアならではだな、と思います。全てにおいて言えるのは、あたたかな空気感がそこかしこに確かに存在しているということ。会社、そして一緒に働くメンバーのことが好きだとはっきりと表現できる風土があるのも素敵なところです。

 

影響を受けたヒト・コト・モノ

ツッコミどころが多く愛すべき存在の父。いつもあたたかく見守ってくれる母。やさしい弟。おちゃめな妹。器がでっかく尊敬できる夫。心を許せる友人。関わってくれている全ての人から、素敵な影響を受けていると思います。

 

これは社内イチだなと思う得意技

3秒以下で寝られる(のび太超え)。それはさておき「白」でも「黒」でもなく「グレー」というのが自分の持ち味です。白黒つけることが大切な場面ももちろんありますが、相手を尊重しつつ、なじませなじませしながら、人との繋がりを紡いできました。なので、相手を尊重する姿勢についてはピカイチかもしれません。

 

絶対におすすめできる旅行プラン

【九州美味しいもの巡りの旅(2泊3日)】 福岡着の夜、まずは『焼肉稲』にて、焼肉。タン・ロース・もつ鍋が最高!もつ鍋は、ちゃんぽん麺と雑炊までしっかり堪能。コスパと美味しさにおいては、ここを超える焼肉屋さんにまだ出会っておりません・・・。2日目の昼は、鮮魚市場内にある『魚辰』にて、回転寿し!タイ・カンパチ・シマアジ・ブリトロなどの白身が最高!夜は『吉塚うなぎ』にて、うな重!臭みが全くなく、比較的さらっとしたタレも甘すぎず辛すぎずで美味!3日目は、ドライブがてら佐賀方面へ。昼は『いか本家』にて、いかの活き造り定食・さば刺し・あじ刺し!刺しの新鮮さ・美味しさはもちろんですが、定食についてくる小鉢やいかしゅうまいもGOOD!間食は、加部島へ渡ってすぐの『源さん』にて、殻を割り立てのうに!もはや何も言うまい・・・美味し過ぎます・・・。最後の夜は『ふくちゃんラーメン』にて、定番のとんこつラーメンで締め〜!