murayama-02

息を吐くように、楽しい選択肢をつくり出したい

村山 太一

プランニング事業部。石川県出身。首都大学東京大学院工学研究科建築学専攻修了。インテリア雑誌コンフォルトの編集を経て、東日本大震災の後、株式会社ワークプレイスソリューションズで輸入オフィス家具の販売、オフィス構築に従事。その後ヒトカラメディアにて働き方を変えることでいかに選択肢を増やしていけるのかに頭を悩ませている。

ヒトカラメディア入社決断の理由

ぜんぜん転職するタイミングではありませんでした。おもしろい会社ないかなってことでネットを彷徨っていたときに、そう出会ってしまったんです!もう少し経験を積んで、まだ顕在化してないオフィスのニーズに応えるニッチな分野で起業でもしようかなっと思っていたところ、その内容をすでに具体的に模索していてさらに先の先まで見ていて、そこにハコとメンバーがいる、そしたら「行くしかない」っすよね、って形で入社を決断しました。

 

ヒトカラメディアはこんな会社だ!

キョリが近い、ノリがいい、ブレない。しかも人的リソースが豊富でなんでもやれる無敵感があります。しかもハイクオリティーで。いろんな会社で経験積ませてもらった感覚でいうと、はい、こんな会社ありません。プラトンとアリストテレスが共存する素敵な会社です。

 

影響を受けたヒト・コト・モノ

小学校の卒業時に担任から言われた「おまえはちゃんとアピールしてかないとダメだ。思っているだけじゃ伝わらない。」それと高校時代の恩師に言われた「できることしか任されない、期待に応えろ!」と「環境は自分でつくるもの、失敗してもまわりのせいにしちゃいけない」の3つが僕の自我にインパクト与えてくれました。あと「信用しても信頼するな」は仕事をやる上での指針です。

 

これは社内イチだなと思う得意技

手の指の第一関節までが異様に柔らかいですね。80°は逆に曲がります。小指に至っては90°超えます。あとスイッチさえオンにしておけば、ずーっと話してられます。しかも老若男女問わず。それぐらいっすかね。建築のこととかにも結構くわしいですが、構造解析も好きだったりしますね。

 

絶対におすすめできる旅行プラン

北海道にあるモエレ沼公園ですね。大地の彫刻家イサムノグチの名作です。札幌の偉い人に呼ばれて、なんかイサムさんにやってほしいですね的なノリで依頼したら、数多ある中からゴミ埋立地となっていた場所の公園計画が目に止まって、俺の仕事だばりにスタート。マスタープランつくったところで急病でイサムさんなくなっちゃうんだけど、その17年後の2005年に完成、大地と一体的になっためちゃめちゃ安らぐ公園です。みなさん自分の人間らしさと向き合ってみてはいかがでしょうか?最後に僕は北海道にはいったことがありません。