aida

東京以外で「ご機嫌に働ける」選択肢を増やしたい

會田 貴美子

広報担当。大阪府豊中市出身。大学大学院は理学部宇宙地球科学学科で物理や月面探査を研究。お金をダイレクトに手にするスキルを身に付けたいと思い株式会社リクルートに入社し、SUUMOの広告営業に5年従事し、その後不動産仲介会社でポータルサイトの運営やPRに6年携わる。子どもをどんな環境で育てたいか?を突き詰めた結果、エリアにとらわれることなく、いきいきと働く個人や会社を増やさねばと考え、ヒトカラメディアに参画。趣味は発酵食品作りとアウトドア。

ヒトカラメディアに入社した理由

「不動産会社なのに面白そー」これがヒトカラメディアに話を聞きに行こうと思った理由です。ずっと不動産業界で働いて来た私にとって、ヒトカラメディアのメンバーのラインナップは目から鱗でした。そして、オフィスを訪問したり経営陣の話を聞いて、不思議と「この会社のメンバーとは衣食住を共にできそう」というイメージがつきました。「働く」と「暮らす」の垣根を低くしたいと思っていた私にとって、その心地良さや信頼感は大きな魅力でした。最後は、自分たちの会社が世の中を変えるんだ!と言う熱い高井の想いと地に足のついた事業内容に、「この経営者は船が沈みそうになっても、絶対に船を捨てない人たちだな」と確信し、ヒトカラメディアへの入社を決めました。

 

ヒトカラメディアのここが好き!

経営陣の高井&田久保コンビがいい感じです。夫婦みたいで、会社のことを24時間365日考えてます。過去、現在、未来を語ってメンバーの意見を聞き、たくさんの時間をコミュニケーションやビジョンの共有、組織の運営改善に使ってくれています。また、一人一人の「やりたい」や「家族とこうありたい」を大切にしてくれます。家族の変化に応じて、都度、働き方や制度について話し合う時間を作ってくれます。十人十色のメンバーもいい感じです。遊びゴコロを持って仕事を楽しでるメンバーが多いです。会社や部の目指す方向性に向かって、お互いを尊重しつつ、一緒に喜んだり悔しんだり助け合ったりします。そういった「大人の部活動」のような自立と自主性をベースにした一体感が大好きです。

 

影響を受けたヒト・コト・モノ

物理学です。物理と宇宙地球科学を知れば知るほど、「有機物ってすごくね?」「地球って大事じゃね?」「人間ってちっぽけじゃね?」と思うようになりました。人間は地球や宇宙に生かされていて、地球はいずれなくなる。人間は哺乳類としては退化のフェーズにある悲しい生き物。生きていることや地球の存在に感謝して、家族や隣の人や自分が幸せでないと生きている意味がない、という考えが、私の根幹に常にあります。

 

これは社内イチだなと思う得意技

ウェイクボード!大学と社会人4年目まではまっていて、アマチュアの大会にも出たことがあります。今まで、仙台、浜名湖、山中湖、淀川、沖縄、荒川、東京湾、江戸川で滑ったことがあります。額の傷は、日本三景の一つ、松島で滑っていた時にできたものです。血だらけで船に上がってくる水着姿の私に、旦那くんは完全にビビってました。またいつか家族でやりたいです。

 

絶対におすすめできる旅行プラン

地球の力強さ、息吹き、美しさ、歴史を体感できるハワイ島 キラウェア火山とマウナケア山を巡ります。 まず、キラウェア火山の、固まった溶岩の上を散歩。ぽっかりと口があいたお釜や、ロープや涙といった色々な形の溶岩の塊を見つけながら、昔の地球や月の姿を想像します。陽が落ちたら、火口から海へ流れ出る真っ赤な溶岩を見ながら、しばしご歓談。地球が生きていることを実感するできます。 次の日は、すばる天文台のあるマウナケア山に登って、すばる天文台やオニヅカ・ビジター・センターを見学。夜はマイナス10度以下の山頂でキャンプをしながら、溢れんばかりの星とはっきりと流れる天の川を臨み、宇宙の美しさを満喫します。