賃貸でも自由に改装できる時代!? 楽しい「カスタマイズ賃貸」に住もう

「持ち家じゃないと、自分の好きなように改装できない」と思っていませんか? 賃貸の場合は、できるだけ借りたときの状態のままにしていなければいけないことが多いですよね。でも、実は最近その流れが変わってきています。「カスタマイズ賃貸」物件が増えて、賃貸だって自分の好みの部屋にできる時代です! では、「カスタマイズ賃貸」って何? 具体的にどんなことができるのか、ご紹介していきましょう。

 

空き家率の上昇をきっかけに賃貸市場はカスタマイズがブーム!

近年、空き家の増加が社会問題になっています。2013年時点で空き家率は13.5%。空き家数は820万戸にのぼり、過去最高を更新しました。そこで、空き家対策の一つとして浮上してきたのが、賃貸住宅の借り主が修繕や改装をして住む「カスタマイズ賃貸」です。欧米では一般的ですが、日本ではこれまでそういった発想がありませんでした。しかし、国土交通省もカスタマイズ賃貸の契約方針に関するガイドラインを定めましたし、日本でもどんどん普及していくことが予想されます。

老朽化が進んで傷みのある住宅でも、「自分の好きなように改装していい」という前提で貸し出せば、一気に人気が上がるのだとか。大家さんにとっては、物件の価値が高まり、愛着をもって長く住んでもらえる。借りる側にとっては、自分の好みに合わせた部屋づくりができて楽しい。両者にメリットがあるというわけです。

さて、「カスタマイズ賃貸」と一言で言っても、実はレベル感や契約内容はさまざま。大きく2つに分けて説明していきましょう。1つは、入居前にオーナーの費用負担で、部分的な改装をセレクトできるパターン。もう1つは、入居後に借り主負担で改装できるパターンです。

 

【パターン①】費用負担は基本オーナー!入居前に壁紙や床材などをセレクトできる

まずは、入居前に希望にそって一部をカスタマイズできるパターン。この場合、オーナーが費用を負担してくれる場合が多いです。どのみち数年に一度壁紙の張り替え費用などは発生するため、オーナーにとってもさほどコストが変わらないというわけです。

この場合、あらかじめ提示された選択肢のなかから、気に入ったものを選びます。壁紙クロスの色や柄、床材の色、照明器具、飾り棚などを選べるケースが多いようです。なかには、壁紙クロスを数百種類ものなかから選べる会社も。

入居前に、借り主の希望に応じて、間取り変更などの大規模な改修までしてくれる場合もあります。でも、数は多くありません。入居前の改修をOKしてくれても、借り主の費用負担になったり、大家さんと費用を按分したりすることもあります。費用負担は大事ですので、よく確認しておきましょう。

 

【パターン②】入居後に借り主負担で。プチカスタマイズからリノベーションまで

次に、入居後に借り主の費用負担でカスタマイズできるパターン。基本的に賃貸の物件では「原状回復義務」があるのですが、それが免除されるケースも多いです。

契約内容はさまざまで、「壁紙だけなら変えてOK」という場合もあれば、間取りまで大がかりに手を加えてOKな場合もあります。どこまで手を入れてOKなのかは、契約前にきちんと確認しておきましょう。

なお、予算によってどれくらいカスタマイズできるのか、ご紹介しましょう。

100円~ 100円ショップのアイテムを使い、スイッチプレートの交換、ウォールステッカーを貼るなどのプチカスタマイズ。
1万円程度 自分で壁をペンキで塗装する。
2万円程度 ・キッチンの壁に自分でタイルを貼る。
・飾り棚を設置する。
3万円程度 水回りの床を自分で張り替える。
5万円程度 プロの手で6帖程度の広さの壁紙クロスを張り替える。
10万円程度 プロの手で6帖程度の広さのフローリングを張り替える。
40万円程度 プロの手でトイレを全面的に新しくする。
100万円~ ・水回りなどの部分的な工事。
・塗装や床張りなども自分で行い、全面的に部屋のデザインを変える。
200万円~ 2LDKを1LDKにするなど、間取りの一部の変更し、畳からフローリングに張り替える。
300万円~ 間取りの全面的な変更。

※UR都市機構「DIY実例」(http://www.ur-net.go.jp/akiya/tokyo/diy_case/)、SUUMO「カスタマイズ実例」(http://nikkei-suumo.jp/edit/customize/jitsurei/) 、LOHAS studio「費用500万円以下でできるリノベーション」(http://www.okuta.com/renovation/5million.html)、 Goodリフォーム「リフォーム「お金&工程」全知識」(http://www.goodreform.jp/edit/reformguide/13/)などを参考にした。あくまで実例を参考にした目安であり、実際の負担費用額を保証するものではありません。

大規模な改装は、やはり高額な費用がかかります。現実的には、数万円~数十万円の範囲内でカスタマイズすることが多いでしょう。ホームセンターなどで材料を調達し、家族や仲間同士で安く自分好みの部屋を作り上げる過程も、楽しいものです。

100万円を超えた大規模なリフォーム、リノベーションを行っている物件は、オーナーが費用を一部または全部出してくれるケースが多いようです。

 

カスタマイズ賃貸の見つけ方

カスタマイズ賃貸は、対応している物件のみを扱ったサイトも登場しています。そのほか、大手不動産ポータルサイトから「カスタマイズ可」の物件を検索することもできますし、カスタマイズ賃貸を押し出している不動産会社から探すという手もあります。例えば、UR都市機構では「DIY住宅」という名称で入居者を募集しています。

また、「カスタマイズ可」とうたっていなくても、相談すれば対応してくれるケースがあります。基本的には、築年数が古く、設備や間取りが旧式の場合、相談に応じてくれる可能性が高まります。自分の住みたいエリアにカスタマイズ可の物件がなくても、諦めずに一度不動産会社に相談してみるといいでしょう。

 

いずれ物件を購入した時のリフォームにもつながる

実は、賃貸でカスタマイズした経験は、その後家を買うときにも活かせます。中古マンションなどを購入してリフォームをするとき、慣れていないとあまり改装のイメージが湧かないもの。カスタマイズ賃貸で、自分の理想に合わせた部屋づくりをした経験が一度でもあれば、一気に発想が広がります。

賃貸物件だからこそ、「今の自分がしたい暮らし」と割り切って、少し冒険した改装をすることだってできるでしょう。自分の好みに合わせた部屋で暮らすのは、とても楽しくて幸せなもの。興味が湧いたら、ぜひ一度カスタマイズ賃貸を探してみてくださいね。

 

 

【参考】
総務省統計局「空き家等の住宅に関する主な指標の集計結果について」
http://www.stat.go.jp/data/jyutaku/topics/topi861.htm
(2015年5月11日アクセス)
日本経済新聞 http://www.nikkei.com/article/DGXNZO71602330S4A520C1H11A00/
http://www.nikkei.com/money/features/73.aspx?g=DGXMZO8186831013012015000000
(2015年5月11日アクセス)
SUUMO「賃貸カスタマイズ」http://nikkei-suumo.jp/edit/customize/
(2015年5月11日アクセス)

ヒトカラメディア
ヒトカラメディア
株式会社ヒトカラメディアは『「都市」と「地方」の「働く」と「暮らす」をもっとオモシロくする』をミッションに、ベンチャー企業を対象としたオフィス移転、内装プランニング、働き方のコンサルティングを行う会社です。軽井沢と徳島県美波町で、サテライトオフィスを展開しています。