f0132aabde85c7fbf5cff32ba36b97ea_s

一概には言えませんが、オフィス移転には長くて6ヶ月もの時間を要する場合があります。その内、物件選定にかかる時間は1ヶ月〜長くて3ヶ月ほど。物件は旬モノなので、なかなか気に入った物件に出会えない……なんてこともよくあるのです。ここでは、どのようにオフィス物件を探せば良いのか、その方法を紹介します。

 

1、仲介業者に依頼する

おそらく、仲介業者に物件を探してもらう方法が一番多いのではないでしょうか。どんなビルが良いか、予算、坪数、エリアを伝えて候補を出してもらいます。ここで重要なのは、オフィス移転時に明確にすべきは「費用」「広さ」「場所」でも紹介したように、事業モデルや人員計画からオフィス移転を考えること。ここをリードし、サポートしてくれる業者に依頼しましょう。また、仲介業者は基本的に「住宅物件」も「オフィス物件」も扱えますが、オフィスに特化した業者がいることも覚えておきましょう。

 

2、WEB検索

物件検索サイトやWEB検索でオフィス物件を探すこともできます。ただし、物件の情報が古く、既に終了している場合も多く、探せる物件数も業者に比べると多くありません。気に入った物件をもとに業者に相談し、候補を広げることをおすすめします。

 

3、知人からの紹介

物件の数では業者や検索サイトに敵いませんが、アンテナを張っていれば、まだ世に出回っていない物件を人づてに入手できることも。知人経営者からの居抜き情報、ビルオーナーからの先行情報の入手先があれば、アンテナを張っておきましょう。ただし「居抜き物件」は希少なため、「物件を探す」という点では効率は良くありません。

 

4、自分で調べる

例えば、どうしても入りたい理想のオフィスビルがあった時……今のオフィス周辺でビルを探したい時……事前にそのビルの知識や情報を持って仲介業者に相談すると、スムーズなケースもあります。

 

最後に

多くは効率の良い仲介業者へ依頼することが多いかと思いますが、一方で居抜きといった希少な物件に出会うためには、自分自信がアンテナを張っておくことも大切です。良い物件に出会うためには、どのような物件を探しているのか要件をまとめ、スピーディーかつ物件情報に強い仲介業者を選ぶようにしましょう。

【関連記事】
戦略的オフィス移転は「費用」「広さ」「場所」決めが重要
攻めのオフィス移転!成功するための業者選びとは?
オフィス移転を成功に導く、契約時のチェックポイント

 

seminar_bannar

ヒトカラメディア
ヒトカラメディア
株式会社ヒトカラメディアは『「都市」と「地方」の「働く」と「暮らす」をもっとオモシロくする』をミッションに、ベンチャー企業を対象としたオフィス移転、内装プランニング、働き方のコンサルティングを行う会社です。軽井沢と徳島県美波町で、サテライトオフィスを展開しています。