壁、ガラス、机に書ける! クリエイティブを刺激するホワイトボード5選

30aaa814f75e12aa5086d2772a8583d8_s

ホワイトボード。アイデアをアウトプットしたり、込み入ったことを整理したり、用途は様々で業種問わず質の高い仕事には欠かせないビジネスツールです。一般的なホワイトボードと言えば、横長のどこにでもあるようなものが頭に思い浮かぶと思いますが、今回ご紹介するのはちょっと変わり種のホワイトボード。クリエイティブを刺激する、ホワイトボードの数々をご紹介します!

1.壁が一面ホワイトボードだったらなぁ……を叶えます
アイデアペイント

ああ、壁が一面ホワイトボードだったらどんなに幸せなことか……と日々ぼやかれているアイデアマンにはこちら。壁をそのままホワイトボードにしてしまう塗料で「アイデアペイント」です。GoogleやAppleにも採用されているツールとのこと。展開カラーは定番の「白」と「クリア」。クリアって何かといいますと、水性塗料を壁に塗装後に上からコーティングする用の塗料です。クリア自体は色を持ちませんので、水色の壁でも、黄色の壁でも、ホワイトボードの機能を持たせることができるわけです。社内のコミュニケーションツールにも使えるかもしれませんね。ちなみに、磁石機能はなく持たせたい場合は下地に鉄板などが必要になります。インテリア性は高くないのであしからず。

アイデアペイント

2.ほぼインテリア?なガラス面ホワイトボード
チャットボード

壁のみならず、ガラス面もホワイトボード(もはやホワイトではないですが)にしちゃえ!ということで、ガラス面の表面をコーティングしたこんな商品もあります。ガラスなので反射するのはご愛嬌。ガシガシにホワイトボードとして使い倒すというよりは、半分インテリア、実はホワイトボードとしても使えちゃうんだよ、というくらいの使い方が合っているかもしれません。展開カラーは12色、ポップなものから落ち着いたものまで、どれも洗練されたラインナップです。インテリアとしても十分成り立つので、オフィスのみならず家にもオススメです。

チャットボード

3.とりあえずコスパ高くお手軽にホワイトボードがほしい!
どこでもシート

ホワイトボード、そこそこの値段しますし場所も取ります。会社を立ち上げたばかりのスタートアップにはなかなか厳しい出費になることもあるでしょう。そんなときはこちら、どこでもシート。もはや「ボード」ではないのですが、壁やガラス、収納棚などに静電気の力でホワイトボードとして使えるシートをペタリと貼り付けて使います。再利用はできますが、あくまでも消耗品と考えて使ったほうがよいでしょう。書きっぱなしだと、マーカーのインクが残りやすくなるのでこまめに消す必要あり。本当に手軽に持ち運びできるので、開発合宿などで役立つこと間違いなしです。ヒトカラメディアでも合宿時は大活躍でした。

どこでもシート

4.座ったまま、立ち上がらずに書けるホワイトボード
ホワイトボード天板

それではもういっそのこと、机もホワイトボードにしちゃいましょう。R不動産さんのtoolboxでホワイトボード天板がありました。普通のホワイトボードでは、ボードに書き込む人はひとりに限られがちですが、これだとみんな同時にアイデアなどを書き込めます。アメリカのKickstarterでは机やテーブルに張るようのフィルムの資金集めもあったようです。そしてこの光景、どこかで見たことあるなーと思ったら、ワークショップ手法のひとつであるワールドカフェですね。模造紙を机に広げて、自由にメモをしながら議論する(これに加えて、ワールドカフェ自体にはメンバーを交代するというプロセルがありますが)。立ちミーティングのブレストなんかに一役買いそうです。

ホワイトボード天板

5.スタイリッシュなホワイトボードはないか!?
METALLINE

最後にあえて、あまり奇をてらっていない普通のホワイトボード。この商品、なかなか説明しづらいのですが全体的な「スタイリッシュさ」が素晴らしいホワイトボードになります。機能としては普通のホワイトボードと変わらないんですが、10mmというボード自体の薄さやフレームの目立たなさ(1mmて!)、ペン類の収納の仕組みなどがさりげなくかっこいい。過度なデザインではないので、主張なくスライリッシュな空間にスッと馴染みます。「普通のホワイトボードでいいんだけど、野暮ったくはしたくないよね」とお考えの方は、ぜひ一度実物を見て頂きたいホワイトボードになります。いや、ほんとにいいですね、これは。

METALLINE

 

さて、いかがでしたか? オフィスの内装を考える際に、ホワイトボードという言葉は議論として高い頻度で出てきます。中には壁の塗料だったり大型のガラスの使ったりと大掛かりなものもありましたが、ぜひ会社メンバーのクリエイティブを引き出すツールとして、オフィス移転の際にはいろいろ考えてみてよいかもしれません。自席の傍で、すぐミーティングできて、すぐホワイトボードが使える、って状況があれば社内メンバー用の会議室もそこまでいらないかもしれませんね。

ヒトカラメディア
ヒトカラメディア
株式会社ヒトカラメディアは『「都市」と「地方」の「働く」と「暮らす」をもっとオモシロくする』をミッションに、ベンチャー企業を対象としたオフィス移転、内装プランニング、働き方のコンサルティングを行う会社です。軽井沢と徳島県美波町で、サテライトオフィスを展開しています。