オフィス仲介業者に聞いた、渋谷にオフィスを構えるならどこ?

渋谷地図 (1)

渋谷地図 (1)

渋谷勤務の生活が始まって半年の鈴木です。といっても私の日々の活動範囲は狭く、明治通り沿いの静かな渋谷と、ヒトカラメディアがある神南のオフィスからデイリーヤマザキの道くらいでしょうか。狭すぎますね。なので、地図を広げて改めて「渋谷にはいろんなエリアがあるんだなぁ」と実感しました。

渋谷が大人気のワケ

さて、とにかく広い渋谷ですが、最近はITベンチャー企業のメッカなんて呼ばれていることご存知ですか?道玄坂を中心に、今まさに勢いのある企業たちが軒を連ねています。空室率も低く、渋谷の土地は大人気なのです。

アクセス面も見てみましょう。

JR山手線 / 埼京線 / 湘南新宿ライン
東急東横線 / 田園都市線
東京メトロ銀座線 / 副都心線 / 半蔵門線
京王井の頭線
全部で9つの路線が通っています。
そして、明治通り、六本木通り、青山通りの大きな通りが重なる渋谷は車やバスの交通の利便性も高く、つまりはだいたいの場所へ行きやすいのです。

アクセスもよく、勢いのある企業が大勢集まり、「渋谷」というなんだかネームバリューのある3拍子そろった町、渋谷。道玄坂と宮益坂、同じ坂でも雰囲気は一変しますし、たくさんの飲食店で賑わうセンター街がある宇田川町とすぐ横の神南では「同じ町なのか!?」というほど雰囲気が違います。何が言いたいかというと、渋谷は渋谷でもエリアによって雰囲気が全く違うということ。オフィスを選ぶときも「渋谷がいい!」ではなく、エリアごとの詳細を知っておくといいでしょう。

そこで、渋谷の神南エリアにオフィスを持つヒトカラメディアの営業マンに、こんな質問をしてみました。

Q1. 渋谷で次に移転するならどこ?

A.渋谷一丁目

渋谷区渋谷一丁目地図

渋谷区渋谷一丁目地図

明治通り沿いから青山通りにかけての広範囲を指しますが、その中でも圧倒的な人気を誇ったのは、明治通り沿い〜宮益坂付近という意見でした。

理由その1.駅からの近さ

JRや井の頭線になると少し離れますが、このエリアは地下鉄&東横線のアクセスが抜群です。実は明治通り沿いの商業施設cocotiからヒカリエまでの間に地下鉄の出口が全部で5つあるのです。地下道を使えば、cocotiが角にある宮下公園交差点まで雨の日は濡れることなく行くことができます。

理由その2.渋谷らしからぬ落ち着いついた雰囲気

明治通りから青山通りを含む一体は、渋谷だけど若干オシャレ青山の雰囲気が漂うエリア。宮益坂と道玄坂では、宮益坂の勾配の方が控えめだから好きという意見も出ましたが、そう、ここ一帯は渋谷なのに「控えめ」なんです。混雑が苦手な私ですが、明治通り沿いを歩いての出勤になるので全く問題はなく、むしろ宮下公園の木々から四季が感じられるので癒されます。新緑も良いのですが、12月の紅葉時期もおすすめです。

理由その3.粒ぞろいの飲食店

渋谷というと、どこもかしこもお店が立ち並んでいるイメージだと思いますが、神南方面はランチスポットや飲み屋が少なく、どちらかというとアパレルが集中するエリアになります。仕方なくコンビニランチだったり、オフィスで飲むことになったり(これはこれでイイ)、やっぱりオフィス周辺には若干のお店があった方が働きやすいですよね。それに比べて明治通り沿いには宮益坂やヒカリエ、cocotiもあります。チェーン店というより、多くはないですが、こだわりのあるお店が並んでいるような気がします。個人的には、美竹通りや青山通りの奥地がおすすめです。

ここまではあくまでもヒトカラ営業マンの主観で紹介してきましたが、ここからはお客様に紹介するならどのエリアが良いかを聞いてみました。企業の人数別にご紹介します。

Q2. 10名以下の企業におすすめのエリアは?

10名以下の企業だと、20坪〜広くて25坪ほどのビル規模が必要

A.桜丘町

渋谷区桜丘町地図

渋谷区桜丘町地図

新南口から歩道橋を渡ってすぐのあたりですね。以下のような理由がでてきました。
・小さめの物件やマンションタイプの物件が多い
・坪単価が他のエリアに比べて安い傾向
・アクセスが良い
歩道橋を渡ることに懸念の声は若干ありそうですが、この辺りは小さめの物件が集中しているようです。価格帯も控えめなので、実際にこの規模の企業さんがハマりやすいのでしょうね。

Q3. 30名以下の企業におすすめのエリアは?

30名以下となると、40〜60坪ほどのビル規模が必要

A.道玄坂

渋谷区道玄坂地図

渋谷区道玄坂地図

でました、道玄坂。ITベンチャー企業のメッカである道玄坂です。なぜおすすめかというと、
・40〜60坪前後の物件が多いエリア
・築年数は古いが、比較的坪単価の安い物件が多い
・駅からのアクセスが良い
道玄坂には中規模ビルが多いため、この規模の企業さんは必然的にこのあたりになりやすいとの意見もありました。また、何と言っても渋谷の中心地なので勢いのある企業さんにはおすすめしたいようです。

Q4. 30名以上の企業におすすめのエリアは?

30名以上となると60坪以上のビル規模が必要。同時にビルのグレードにもこだわる頃

A.渋谷1丁目〜3丁目

渋谷区一丁目〜三丁目地図

渋谷区一丁目〜三丁目地図

一丁目は、先ほど渋谷なのに控えめなエリアとして紹介した、ヒトカラ営業マンが理想に掲げる場所ですね。二丁目、三丁目は、JR線や銀座線が便利な東口と、東急東横線や半蔵門線、田園都市線に便利なヒカリエの出口、この両方の出口へのアクセスが便利。また、六本木通りや青山通りといった大きな通りに面しているため、飲食店や規模の大きなビルが目立つエリアでもあります。このエリアが選ばれた理由は、
・ビルのクオリティが高い
・決して坪単価が安いというわけではないが、ビル規模や環境に対して適正価格
ビルマニアに言わせると明治通り沿いのビルには、ビルの造り、外観と、総合的に良いビルが多いらしいです。確かにそう言われると、青山方面に向かうにつれてビルの外観がオシャレになっていくように感じられます。また、30人を超えると色んな意向を持った人が出てきますよね、きっと。そんな時でも申し分ない納得のいく場所なのでは?という一押しもありました。

仕事は1日の大半を占めるものなので「働く=生活」の一部といっても過言ではないと思います。オフィスを構える場所の考え方には、事業へのメリットや費用など色々あると思いますが、人の生活に関わるということを忘れずに適切な場所を選ぶようにしたいですね。これは渋谷だけに言えることではありません。でももし、オフィスを渋谷に構える時には参考にしてみてください。

【関連記事】
◼︎オフィスを構えるなら最強の町「岩本町」
◼︎自分が働くオフィスをなんとなく概算する方法
◼︎条件にあったオフィスを探す方法
 

seminar_bannar

ヒトカラメディア
ヒトカラメディア
株式会社ヒトカラメディアは『「都市」と「地方」の「働く」と「暮らす」をもっとオモシロくする』をミッションに、ベンチャー企業を対象としたオフィス移転、内装プランニング、働き方のコンサルティングを行う会社です。軽井沢と徳島県美波町で、サテライトオフィスを展開しています。