308a3c33a2c5ae68c851be45be0ef71b_m

希望するオフィスが見つかり、「さあ移転だ!」とは、実はいきません。オフィスを契約するまでには必要な手続きがいくつかあります。
その一つが「申込み」です。ここではその「申込み」について簡単にご説明いたします。

スクリーンショット 2015-11-22 19.32.29

「申込み」ってそもそも何なの?

「申込み」とは、オフィスを借りる意思があることを申込書にしてビルオーナーに知らせる意思表示を指します。
入居したい物件が決まったら申込書と必要な書類をビルオーナーに提出します。
また、大手企業以外はほぼ連帯保証人の設定が必要になります。これは代表者が個人名義で連帯保証人になるケースが一般的です。

申込書には希望条件も記入します。そのため、この段階でビルオーナー側との細かい調整・交渉を行います。具体的には、「賃料条件」「敷金(保証金)」「フリーレント期間」「入居時期」などの重要な契約条件の交渉のタイミングになります。

 

申込みしたからといって契約ではない

「え!?違うの?」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、「申込み」は契約ではありません。契約に至るまでにはビルオーナーによる審査があります。
入居者の与信調査・信用調査になるわけですが、設立間もなかったり、資金調達を行っているベンチャーにこそ重要な観点です。
審査を通すための最適なアプローチが大事になります。

 

1番手、2番手という「番手」の考え方がある

「申込み」には1番手、2番手という「番手」というものがあります。これはビルオーナーに申込書類を提出した順番のことを指しますが、なぜこのような考え方があるのでしょうか。
ビルオーナーとの交渉順位は申込書の提出順で決まります。そのため、当然2番手よりも1番手のほうが有利にはなります。よって、「申込み」の意思が固まったら早めに申込書を提出するようにしましょう。数時間の差で他社が先に申込みを入れてしまい、2番手、3番手になってしまった、というケースもよくあります。

 

ここからひっくり返ることも多い

もし2番手に申込書を提出しても諦めなければならないことはありません。1番手に「申込み」した企業が審査落ちになってしまい、1番手がひっくり返る、ということが多々あります。と言うのは、上述のとおり申込み後は審査がありますし、ビルオーナーもより良い入居者、例えば、安定した事業展開をしている企業や黒字の企業、資本金が潤沢な企業などを探しておりますので、一概に1番手が有利とは限らないからです。

 

最後に

最後に、資金調達をしたスターアップ企業の場合のオフィス移転の申込みについて触れておきましょう。資金調達したばかりのスタートアップ企業はまだ黒字化していないケースが多々あります。この状態でビルオーナーに申込みを行なうと、ただの赤字企業として認知されてしまいます。そこで、ビルオーナーへの十分な事業説明を行う必要があります。そのため、必要な書類作りが非常に重要になってきます。ヒトカラメディアはこのようなケースのノウハウについて自信を持ってご提供しております。お気軽にお問い合わせください。

【関連記事】
◼︎意外に落ちる!?入居審査で見られるポイントとは
◼︎オフィス契約書で確認すべきチェック項目とは
◼︎オフィス移転の全体スケジュールと支払いのタイミング
◼︎オフィスの「坪数」だけ見てない?契約面積の落とし穴
 

seminar_bannar

ヒトカラメディア
ヒトカラメディア
株式会社ヒトカラメディアは『「都市」と「地方」の「働く」と「暮らす」をもっとオモシロくする』をミッションに、ベンチャー企業を対象としたオフィス移転、内装プランニング、働き方のコンサルティングを行う会社です。軽井沢と徳島県美波町で、サテライトオフィスを展開しています。