不動産屋がこっそり教える、新宿で働く人が住むのにオススメの穴場駅5選!

スクリーンショット 2015-07-02 13.45.33

働く場所と住まいの「関係性がよい」と、毎日の暮らしがちょっと楽になったり、自分の心に余裕が生まれたりとメリットがたくさん生まれます。だからこそ、自分の住まいを探す際に、「オフィスのある駅からアクセスが良い」という条件はやっぱり外せないですよね。前回の渋谷に引き続き、第2弾。今回は新宿勤めの方向けに、メジャーではないけど住むならここはオススメ!な駅をご紹介いたします。

 

古き良き「東京」を感じる暮らしはいかが?
都営大江戸線/都営新宿線 森下駅

駅を降りると、どこか懐かしさを感じる森下駅。ここは松尾芭蕉が俳諧活動を展開しながら暮らしていた「芭蕉庵」の跡地があることで有名です。今なおその当時の香りを漂わせる老舗のお店があるなど、下町情緒溢れる町並みはまるでタイムスリップしたような気分にさせてくれる、歴史好きな人にはたまらない駅です。
そんな森下、実は2つのルートを使って新宿へアクセスすることが可能という少し変わった駅なのです。ひとつは都営大江戸線、もう1路線は都営新宿線(到着駅は新線新宿駅)という二刀流。新宿線を使用すると新宿まで20分、大江戸線だと28分と、少々新宿線使用が所用時間は短いのですが、終電に焦点を当てると新宿線は0:06に対し大江戸線は0:34と、22分も差があるので、遅くなった時は大江戸線で帰る、という使い分けなんかもできます。またどちらかの電車が運転見合わせをしていても、もう片方を利用すればスムーズに通勤できるという心強さもあります。

 

今後のアクセス利便に大いに期待ができる駅
東京メトロ丸ノ内線 方南町駅

どこかで聞いたことがある名前な気がする……けれど、一体どこ?丸ノ内線ユーザーの方には馴染みのある駅名かもしれませんが、中野坂上駅を始点とする丸ノ内線分岐線の終点駅が方南町駅です。何を隠そう、この駅周辺はお家賃が他の杉並区の駅より比較的お手頃!その要因は丸ノ内線において、新宿へ出るにも中野坂上駅で一度乗り換えが必須となる、という難点がひとつ挙げられます。確かに同じ線内でも乗り換えがあるのってできれば避けないな、と思いますよね。そんな中、朗報!丸ノ内線は2016年度を目安として、方南町駅から池袋駅まで直通電車を開通させる計画を進めているとのこと。これによって、新宿にももちろん乗り換えなし、さらに始発駅なので座って通勤できます。ちなみに新宿駅西口行きのバスもありますので、こちらも活用できますね!

 

電車に乗らなくても帰れちゃいます!
都営新宿線 曙橋駅

新宿というと繁華街やビル街のイメージが非常に強く、暮らす街というイメージがつきにくいかもしれません。しかし2、3駅ほど離れてみると、意外にも閑静な住宅街に巡り合います。曙橋駅はそのひとつ。新宿駅から2駅、徒歩にすると30分圏内の駅ですが、賑やかな新宿駅からは想像できないくらい、落ち着いた雰囲気の住宅街。医療施設や、区役所などの公共施設が点在していること、そしてスーパーなど日常の買い物ができるスポットもしっかり駅周辺に集まっていることも暮らしやすさポイント。また長年この地域にお住まいの方の家も多く、お盆の時期にはお祭りの音が街に和の彩りを与えます。都会の利便性を享受しながら、ノスタルジックな雰囲気も感じることができる、なんだか得した気分になる駅です。

 

新宿駅から急行電車でたった11分、穏やかな時の流れを持つ駅
京王線 桜上水駅

できれば自然が多い街に暮らしたい。でも電車の乗車時間は短いほうがいい。そんなワガママを叶えてくれるのが、桜上水駅。学校施設や公園、神社などが点在しており、どこか知的、文化的な落ち着きを感じさせる駅です。また甲州街道も近く、車での通勤やお出かけの際にとても便利です。
そして駅を挟んで南北に広がる「桜上水商店街」には様々な飲食店、お惣菜屋さんなどが充実して、今日はご飯作りサボりたいという時の強い味方になってくれます。また駅前のスーパー2券も23時頃までオープンしているのも心強い!

 

海も山もすぐそこ。思い切ってデュアルライフしてみませんか?
小田急線 小田原駅

オンは都会の喧騒の中心にいるから、オフはゆったり自然の中で過ごしたい。そんな方は思い切って電車に揺られ1時間半、神奈川県の小田原駅がオススメです。その理由は、小田原駅も、新宿駅も小田急線の終点駅。つまり座って通勤することができるということ。1日3時間という時間を使って、集中して何か作業や勉強をすることも、ぐっすり眠ってパワーチャージすることも可能。ちょっぴり贅沢してロマンスカーを使えば、さらに快適な通勤時間を過ごすこともできます。もちろん、オフは自然の中に身を置いて完全リラックス。箱根や御殿場なども近いですし、新幹線で西側へプチ旅行も行きやすいです。とはいえ駅の周辺は駅ビルや店舗も多く賑わっており、買物利便性が高く、暮らしやすさも持ち合わせている駅です。自然に近い地に住むことに興味がある新宿勤めの方、いかがですか?

 

ヒトカラメディア
ヒトカラメディア
株式会社ヒトカラメディアは『「都市」と「地方」の「働く」と「暮らす」をもっとオモシロくする』をミッションに、ベンチャー企業を対象としたオフィス移転、内装プランニング、働き方のコンサルティングを行う会社です。軽井沢と徳島県美波町で、サテライトオフィスを展開しています。