不動産屋がこっそり教える、渋谷で働く人が住むのにオススメの穴場駅5選!

スクリーンショット 2015-06-11 11.44.10

働く人にとって「仕事場までの通いやすさ」は住まい選びの大切なポイント。人気駅ではないけれど勤める場所から考えてみると実はいいじゃない!という、オススメしたい理由のある駅を不動産のプロならではの目線でご紹介します。
第一回目はITベンチャー企業が集結し、コワーキングスペースなどの増加により様々働き方が街全体で体現されている渋谷。大規模な再開発事業計画が着工され、ますます注目度があがっており、今後オフィスも増えていくことでしょう。そんな渋谷勤めの方にオススメしたい駅は……?

 

落ち着きのある街並みと、生活利便が兼ね備えられた駅「東急田園都市線 宮崎台駅」

渋谷から各駅停車に乗ること23分。改札を出るとどこかほっとする雰囲気。それもそのはず、宮崎台は「多摩田園都市計画」の一環で自然を取り入れた街づくりに力を入れているのです。そのため、非常に道幅も広く、治安もよいと住みやすさに定評を得ています。両隣の駅と比べて国道とも離れているのも落ち着きのある街を形成している理由のひとつです。駅前に伸びる「さくら坂」の名物、桜のアーチの美しさが好き、という住民の声も。
またスーパーをはじめ、駅周辺に商業施設が集まり生活利便も◎な上、商業施設が続々登場している二子玉川駅までも5駅の近さです。

 

ちょっとディープで美味しい暮らしをしてみませんか?
「東京メトロ副都心線 小竹向原駅」

東横線との乗り入れにより利便性がぐんと上がった副都心線、渋谷から急行で3駅17分(※土日祝は明治神宮前に停車するため4駅)の小竹向原駅。閑静な住宅街にも関わらず、音大・日大芸術学部など学校施設が融合し、独特な空気感を持つエリア。「江古田」という名前のほうが知られているかもしれません。
アート関係者はグルメが多い?のか、個性的な飲食店が多く、メディアがこぞって取材に入るベーカリー、ウィスキー好きが集うバーなどが密集しています。さらに西武池袋線江古田駅や、都営大江戸線新江古田駅も使えるのもオイシイ。

 

バス通勤でオフィスまで徒歩10分が徒歩1分になるかも?
「京王新線 初台駅」

京王新線は乗り換えしなければいけないのでは?実はオススメしたいのが「バス通勤」。初台と渋谷を結ぶバスは多数走っているため、通勤にも非常に便利。さらに深夜バスもあるので、忙しい時も飲み会帰りも頼もしい存在です。オフィスに近いバス停にルートが重なっていれば、なおラッキー!
注目は駅前の活気溢れた商店街。100もの店舗が立ち並び、生活に必要なものはここで揃います。渋谷区の中では圧倒的に家賃相場が低めなのも見逃せません。

 

渋谷までゆったり座って通勤!休日は横浜エリアで
「東急東横線 菊名駅」

都内から少し離れて暮らすという選択もアリ!閑静で住みやすい住宅街というイメージが定着している菊名駅は、実は東横線の各駅停車の始発駅。時間を定めていけば座って通勤することが可能なのです!各駅停車で渋谷まで38分と乗車時間は決して短くはありませんが、読書に集中するにはもってこいの有意義な時間になります。勉強を毎日の習慣化する、という時間の使い方もありますね。
さらに、横浜駅まで電車で10分圏内。レジャースポットが多数ある横浜エリアで充実した休日が過ごせます。

 

近い!お洒落!緑がいっぱい!都会ライフを満喫しよう「東京メトロ千代田線 代々木公園駅」

やっぱりできるだけ仕事場の近くに住みたい!渋谷エリアが好きなんです!そんな貴方には代々木公園駅をオススメします。最近人気の自転車通勤ならば、渋谷駅まで約15分の近さ。駅名の通り、代々木公園の懐という贅沢なこのエリアはジョギングや散歩などを日課にしやすくなり日常にちょっとした彩りを与えてくれます。さらに周辺はお洒落なカフェのホットスポットなので、人気のカフェやコーヒースタンドを普段使いすることも可能。治安もよく女性にもおすすめです。

ヒトカラメディア
ヒトカラメディア
株式会社ヒトカラメディアは『「都市」と「地方」の「働く」と「暮らす」をもっとオモシロくする』をミッションに、ベンチャー企業を対象としたオフィス移転、内装プランニング、働き方のコンサルティングを行う会社です。軽井沢と徳島県美波町で、サテライトオフィスを展開しています。