nenga-text

年始のご挨拶

あけましておめでとうございます。

株式会社ヒトカラメディア代表取締役の高井淳一郎でございます。
旧年中は大変お世話になりありがとうございました。

とてもありがたいことに、2016年もベンチャー・スタートアップを始めとした成長企業さまの「働く場・働き方」の戦略的パートナーとして、数多くのオフィス移転やオフィス構築のお手伝いをさせていただきました。これもひとえに、皆様のご支援あってのことと、心より感謝申し上げます。

オフィス移転はその企業さまにとっても、そこで働く方々にとっても、とても大切なイベントですし、「働き方」をふと立ち止まって改めて考える、絶好の機会です。総務省も近年、働き方改革に積極的に乗り出していますし、社会的にも働き方への関心は高まっています。

また組織の活性化やビジョン浸透などを考える上でも、まずはどういう状態に在るべきかを考え、それに近づけるための仕掛けをどう盛り込むかを軸に空間を考えることで、企業成長に効くオフィスとすることもできます。

どんな「働く場、働き方」が最適か? これを突き詰めていくと、会社ごとにはもちろん違ってきますし、同じ会社であってもフェイズごとに変わってくると考えています。オフィス移転をきっかけに、企業さまごとにベストな状況に近づけるべくお手伝いするのが、我々ヒトカラメディアの仕事です。

2016年には、居抜きでのオフィス移転支援の強化、組織を巻き込んだ空間プランニングサービスの提供スタート、オフサイトミーティング支援などを新たに行ってきました。

まだまだ未熟なところも多々ありますし、磨いていかなければならないことだらけですが、2017年も一歩一歩着実に新しい提供価値を増やしていきたいと思います。 そして『「場」を起点とした「働き方」のリーディングカンパニー』となるべく邁進してまいります。
これからも皆様のご支援と叱咤激励の程よろしくお願いします。

takai-name-02

2016年、ご支援頂きありがとうございました!

2016-1

『スイッチオフィス』でマッチング。居抜きでの移転を「当たり前の選択肢」に。

2016年2月にリリースした、居抜きでのオフィス移転を支援する『スイッチオフィス』もあと少しで一周年。マッチングだけじゃなく、そのあとの契約をまとめるにあたっての条件のすり合わせなどが、実は仲介の腕の見せ所。今後も引き続き、居抜きでの移転を力を込めて支援して参ります!
2016-2

自社でも実践。グッと集中できる『軽井沢ワープ』

ヒトカラメディアの軽井沢オフィスの2階をどなたでも利用できるワークスペース『軽井沢ワープ』として運用開始しました。いつもの業務や環境から離れて、チームで一気に集中して議論or作業、これが想像以上に効果的で、ヒトカラメディア社内でも3ヵ月に1度、部署ごとに軽井沢にてオフサイトミーティングをしています。皆様もぜひお試しあれ!
2016-3

ワークショップからの要件定義、組織活性化に効くアプローチも。

オフィス移転を、組織課題の解決のきっかけにする。万能薬がないのが残念ですが、丁寧に向き合えば「可能」だとヒトカラメディアは考えています。ひとつの処方箋は、メンバーの方々を巻き込みながらの空間プランニング。興味ある方は、ぜひヒトカラメンバーにお声がけ下さい!

2017年も新しいチャレンジを仕掛けていきます!

2017-1

手狭なオフィスから2.5倍の広いオフィスへ。ぜひ一度、足をお運び下さい!

3年間慣れ親しんだ渋谷神南を離れ、2月より渋谷桜丘の新しいオフィスに移転となります。空間プランニングも社内で着々と進行中。駅からも近くなりますので、ぜひお気軽にお越し下さい!
2017-2

居抜きでのオフィス移転を、あたりまえの選択肢に

2017年も引き続き、居抜きオフィス移転の支援を強めて参ります。その第一弾として、新たなサービスを準備中です。近日お伝えできるかと思いますので、もうしばしお待ち下さい!
2017-3

あと2つ、3つほど新たな取り組みにチャレンジします

まだ詳しくはお伝えできませんが、2017年にあといくつかの新しい取り組みを企てています。順次お伝えして参りますので、2017年のヒトカラメディアにご期待下さい!
nenga-last-text